FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

現代彫刻小品展in浜田出品申込終了間近 

2014/06/27
Fri. 09:46

早いものでキーポンが高校3年生1学期の期末試験に入った。
これで彼女の進路が決まる。
最近の若者を「悟り世代」というらしい。
そういわれてみると「なるほど・・」と思わないわけでもないが、さて、当事者達はそれを理解しているのか意識しているのか・・グルリと人生が一回りしたオヤジにはよくわからない。

今日の試験は「生老病死わぁ〜」とか「八正道わぁ〜」とかチンプンカンプンの単語が道中の結界君の助手席で飛び交っていた。
久しぶりに「倫理社会」という単語を聞いた。
コロココ変わる中教審の学校教育のことだから、すでにとおの昔に死語になっていたと思っていたが、いまだに教科として残っているらしい。
仏教がどうとか宗教がどうとか、今の高校生が・・というよりキーポンがまともに勉強するわけでもないし、坊主のはしくれにぶら下がっているオヤジでも、法事の前の晩に一夜漬けで復習する程度のことだから、点数の方は最初から期待していない。
それでも内申書の成績にもつながる大事な試験だから、せめてわからないなりに珍回答や迷回答のセンスで温情加点を狙えと激励しておいたが、オヤジゆずりの真面目で馬鹿正直な性格だからそれも無理だろうとあきらめている。

たしか梅雨が明けていないはずなのに最近の島根県は延々と良い天気が続いている。
せっかくの好条件だから草刈りや薪づくりや、それに彫刻制作や色々やりたいこともいっぱいあるが、それも後回しにして浜田の現代彫刻小品展事務に励んでいる。
現代彫刻小品展の申込締め切り日なので、夕方までFAXの番をしながら展覧会お知らせ第3弾??あたりの書類を作成したり印刷したりしている。
これから7月いっぱいは万善寺の寺務や七日務めなどが続いていて、両立が難しくなっている。
先日もまだ余裕があるだろうとレンタカーのトラックを予約したらすでに先約でいっぱいになっていた。
いつもの担当のお兄さんが気遣って、時間外の勤務も厭わないで八方手を尽くしてくれてなんとか1台確保してくれた。
会場搬入の日は島根の辺りで梅雨収めの長雨や集中豪雨が続く頃なので、平ボデーのトラックはさけようと思っていて、それもあって結構な苦労になってしまった。

それほど忙しいとも思わないが、何かと慌ただしい感じで毎日が過ぎる。
寺の寺務も期限が近いし、四畳半の書斎はめずらしく書類が山積みになってしまった。
2・3日前の脱走で強敵のキジトラ猫とバトルしたクロは、やはりお尻の辺りをケガしたみたいで、食欲もあまりないまま音もなく書斎に入り込んで大事な書類の上で寝ていたりする。

毎日それなりに色々あって退屈もしないが落ち着くこともない。
展覧会の出品者も、大震災のあった2011年までにいかないくらい半減してしまった。
現代彫刻小品展も過渡期を迎えて彫刻家にとって出品の魅力がなくなっているのかもしれない。
このところの数年間は、彫刻制作も棚に上げて現代彫刻小品展ばかりにせいを出していたから、気がつかないままに自分の視野が狭くなっていたのかもしれない。
気持ちを引き締め直してあと一踏ん張りしようと思う。

IMG_1363.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1644-c97913f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05