FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

2014現代彫刻小品展in浜田スタート 

2014/07/19
Sat. 07:52

2014年の現代彫刻小品展は波乱のスタートになりそうな予感・・・

一日かけて彫刻展の搬入と展示が終わった。
朝はいつもより30分ほど早く自宅を出て、銀山川の川沿いへ駐車していた2tのトラックで浜田のこども美術館へ出発。
途中、高速料金が変更になったりしたから地道に国道を走って、定刻の20分ほど前に美術館の搬入口へ到着。
館長さん自らシャッターを開けてくれて、なかなかいい感じで搬入開始。

前日豪雨の中倉庫で移動していた展示台は、美術館のきれいな会場で見ると目茶苦茶汚れていた。
毎年修繕を繰り返していたのだが、さすがに5年も使い回ししていると老朽が激しい。
今年は助成金削減がひびいて、修繕費を浮かせたのが不味かった・・ということで反省!

館長さんと梱包された彫刻の搬入を続けていたら、周藤さんが到着。
続いて松田さんが到着。
そのあたりでだいたい会場への移動を終わって展示台などを配置していたらアチコチから携帯に電話がかかりはじめて、その中に寺からの電話。
やはり親子は何処かで何かが繋がっているのだろうなぁとつくずく思うほど、タイミング良く仕事の忙しい時におかみさんから電話がかかる。
さすがに時が時だけに若干イライラしながら留守電機能をONにして作業を続行した。

前の日の夜に隣町のご住職からお葬式のお手伝いを頼まれた。
こればかりは、何時逆の立場でお願いすることがあるかもわからないし、万障繰り上げてお引き受けしなければいけない。
レンタカーのトラック返却もあるからどうしても夕方までには石見銀山へ帰って坊主仕度をする必要がある。
そのこともあって、内心ではかなり焦っていたが、見た目は平静を装いながら粛々と展示作業を進めた。

初出品の広島の佐々木さんにも出会えたし、岡山から小林さんも個人搬入で駆けつけてくれたし、けっこう賑やかな展覧会準備になった。
これで通夜のお手伝いがなければ打ち上げで生ビール!・・も出来たのに・・などと、ウジウジ未練がましいところはまだまだ修行がたらない。

それで、波乱のスタートはワークショップ。
講師の白石さんには悪い事をしてしまった。
もっとも、ベテランの本多さんがいてくれるからなんとかなるだろう。
そんなわけで、主催者の事務局は初日からお葬式のお手伝いへ出かけることになりました・・とさ。

IMG_1140.jpg

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

みなさんお疲れ様でした。
今日合間に埼玉二紀展に寄ったら、ちょうど講評会をやってる所でした。
いない本多さん、白石さん、今頃島根..と思いました。

オーイくぼぐっちゃん #- | URL | 2014/07/19 22:01 * edit *

みなさんお疲れ様でした!
今日合間に埼玉二紀展に寄ってきました。
ちょうど講評会をやってる所でした。
いない本多さん、白石さん、今頃島根..
と思ったのでした。

オーイくぼぐっちゃん #- | URL | 2014/07/19 21:56 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1666-abe69d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08