FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

理想と現実 

2014/08/05
Tue. 07:50

棚行がはじまった。
万善寺は私が住職を引き継いでからあとの近年、宗派関係なく日頃からお世話になっていたりお付き合いさせてもらっていたりしてご縁のあるお宅を中心にだいたい100軒くらい棚行させていただいている。
少年時代は自転車に乗って20km先のお宅まで棚行したりしていたが、最近は結界君が活躍してくれて距離も時間もずいぶんに近くなった。
まぁ、かわりに燃料代がバカにならないけどね・・

前住の老僧がバイクで少年の私が自転車で、二人で200軒以上棚行していた頃もあった。
今では軒数も半減しているが、結局私が一人で全て引き受けているから坊主の仕事量はこの半世紀変わることがない。
自分も年ごとに確実に1歳ずつ老化しているから、そろそろ夏の坊主イベントも身体にこたえるようになってきた。
老僧の時代は不便ながらもそれなりに手厚いおもてなしも豊富だったから、行く先々で世間話に花が咲いたりして、棚行も1日がかりだったりすることも多かった。
今では、代替わり共稼ぎで留守だったり、介護施設の入所で留守だったり、絶縁で留守だったり、転居で留守だったり・・・で、山寺を中心にどんどん高齢化と過疎化が進行している。
坊主にあるまじき下世話な話だが、棚行の心ばかりの盆礼も、消費税の圧迫や年金暮らしの困窮で毎年下方修正せざるを得ない事情もある。
支出は増える一方で収入は減る一方・・・これが田舎の山寺の実態なのだ!

台風の影響が残っているのだろうか・・近年には珍しく8月に入って雨が降り続いている。
昨日も傘を使うのが微妙なほどの雨が終日降り続いていて、棚行坊主としてはとても厄介なことになった。
背に腹は代えられないから、雪駄をクロックスに、白衣をひとえものに、足は足袋なしの素足スタイルに切り替えた。
なんとも形容のしがたい坊主スタイルになってしまった。

午後から石見銀山の方でちょっとした用事があったから、そんな格好のまま赤来高原から移動した。
石見銀山の町並みは道が乾いていて蒸し暑い。
着替えるのも面倒なのでそのまま用事をすませ、ついでにワイフの愛妻昼食をありがたくいただいた。
案の定オヤジの書類がしいたげられて書斎がキーポン部屋に変わっていた。
ネコチャンズとしばらくぶりに対面した。
シロは色気のシナをつくって甘えながら抱っこを要求してきたが、クロは相変わらず無表情で奇妙なスタイルの坊主オヤジをほとんど無視していたから、無理やり抱っこしてやった。
しばらく吉田家でくつろいでその足で燃料を補充してスーパーで食料を調達して夕方近くに万善寺へ帰った。
おかみさんのなんとも味気ない老人料理に老僧が閉口している様子なので、鳥の肉料理を造ってあげた。
私の寺暮らしが始まってから、老僧の晩酌が連日になった。
健康オタクのおかみさんは血圧がどうとかコレステロールがどうとか、相変わらず小言をおかずに残り物を片づけて犬猫並の粗食に満足している。

坊主暮らしに染まりつつある私は、100円前後の豆腐一丁に刻みネギ生姜と少々の醤油が夕食の定番になっている。
これにお中元で届いたアサヒスーパードライがあれば十分。
欲を言えば、おかみさんの小言と大音量のテレビのかわりに、ビバルディーあたりがさりげなく流れてきたりすると最高なんだけど・・・冷ややっこにはあわないかなぁ・・

IMG_1493.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1683-6d586834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08