FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

大人の分別 

2014/08/26
Tue. 09:36

広島から島根一帯で降り続く雨で増水の江の川岸を久しぶりに走った。
その先で、そんなに親しいわけでもないが付き合いが無いわけでもなく知らないわけでもないという、実に説明の難しい関係が約20年続いている知人と一年ぶりに再会した。
このなんとも曖昧な関係はどちらかが職を辞するか動けなくなるか、または死ぬかするまで続いていくだろう。

私はどちらかというと他人の家庭事情や近所事情に興味を感じない方だし、人見知りでシャイ(・・と自分では分析している)だから、世間の常識的な会話についていけないところが多々ある。
「ところでおたくお子さん何人いるんだっけ?」
もうずいぶん昔からの知合いなのに今頃になってそんな質問がきたりするくらいだから、私の人付き合いがどれだけ浅いものかかよくわかるでしょ。
だいたい、子供が何人いるだとか、どこにいるのだとか、なにしているのかとか、他人の家庭事情など聞いても、それでどうなるわけでもないし、ひと晩寝たら忘れてしまう程度のどうでもいい情報を根掘り葉掘り聞かれることが鬱陶しい。
たぶんそのようなことを一般の常識でいうと世間話しといっているのかもしれない。

「4人いますけど、まぁほとんど手が離れているから、それぞれ自由にやってますよ」
いちいち長男がいてとか、末娘がどうしたとか答えるのも面倒なので、会話が深みにハマらないうちに適当に逃がして打ち切ったら、「へぇ〜、そんなにいたの?今どき子だくさんのほうじゃない?」などと次の一手に出られて少々焦った。
そんなに他人の家庭事情に興味があるんだったら、セッセとウエブ検索でもしてこの限りなく透明に近いオヤジのブログを探し出してください。

ノッチが日本を脱出して2週間がすぎた。
時々、他愛もない吉田家familyのLINEに絡んでいるから、それなりに元気で働いているのだろう。
吹奏楽団一般の部のメンバーで中国大会に参加したじゅん君は、深夜に帰宅して早朝に出かけた。
「オムライスの残りがあるぞ」
「あぁ〜、それ食べるわ・・」
オヤジとの会話は、その程度だったが、ワイフとはそれなりにしゃべっていたようだ。
じゅん君のおかげで、キーポンが久しぶりに自分のベッドに移ってくれて気楽になったと思っていたら、それも2・3日続いただけで、またオヤジの隣でゴロゴロし始めた。
社会人として堅実にキャリアをつんでいるなっちゃんは、最近メキメキと分別をわきまえた大人に成長している・・・と、オヤジは思っている。
彼女の就職が決まった時にプレゼントしたバイブル「菜根譚」の効能がジワジワ効きはじめているのかもしれない。
せいぜい、枕代わりになっているか本棚の肥やしになっているか程度のことだろうが、それでも無いよりはマシというところか・・
そんなわけで、なっちゃんのつぶやきの一部を無断転記します!
立派な娘をもってオヤジは果報者じゃ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
"人の短所は長所を支えてる。だから短所を無くせば長所も消えてしまう"
"性格を変えるのではなく、長所を磨き短所を補う技術を身につけるのが分別のある大人だ。"

これって、なっちゃん語録??
オリジナルだったらたいしたものだ!

IMG_2603.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1704-3db3c817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-07