FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

なっちゃん語録 

2014/09/18
Thu. 08:59

将来家族が出来たらお金の大切さをきちんと教育しよう。
そしてお金が無くてもお金が無い無いと子供に言うのはやめよう。
吉田家はそこの教育を確実に失敗してる。
倹約家の親から金にだらし無い子供は育たない。

久々に名言なっちゃん語録が飛出した。
どうせ何処かから摘むか引っ張るかしてきたんだろうと本人に聞いてみたら、正真正銘自分のオリジナルだという。
そう言われてもなかなかすぐには納得できないで釈然としないままひとまず信じておくことにした。

先日、石見銀山の町に暮すきっかけを作ってくれた友人と久々にじっくり話す機会があった。
ひと頃はほとんど毎日のように熱く語り合っていたこともあった。
最近はお互い自分のめざす先が違ってきたのだろう、1年にせいぜい5日ほども親しく会話するかどうかの付き合いになっている。
それでも、時々吉田はどうしたと気にかけてくれているし、自分の方も各所で漏れ聞く彼の今が気になっているし、少しセーブしたクールな付き合いを続けさせてもらっている。
「おまえに金もうけは絶対に出来ない」
何かの会話の流れで、そんなふうに断言された。

自分でもずいぶん前からそのことは気がついている。
ワイフと結婚して子供もできて犬やネコやウサギやグッピーや、時々ねずみまで同居する家族が出来て、それなりに生活の保障もしないといけない立場だから、金もうけは出来ていないかもしれないが、なんだかんだ言って厳しいなりに今のところなんとか人並みの暮らしは維持できていると思っている。
別に贅沢をしようとも思わないが、家族一人ひとりにとって必要だと思うことには必要なだけの資金を工面してなんとか今まで乗り切っているつもりだ。

お金などあればあったで結局気がつけば無駄にひとつ上の暮らしを求めていたりしているし、家族のみんなをとりまとめて窮屈な収支予算を押し売りしても摩擦が増えるばかりでゆとりもなくなる。
なにかしら世間に示せるような仕事を自分が堂々とこなしていれば、それが信用になるしお金もなんとかついてくる。
友人の彼に言わせると、この歳になってそんなふうに思っていることそのものに考えの甘さがあるんだと指摘されるだろうが、家族も含めて周辺から有閑オヤジへの不満が絶えることはないし、そういうことは死ぬまで続くだろう。

若い時にしか出来ないこともあれば、歳をとったから出来る事もある。
なっちゃんも、幸か不幸かそういうオヤジとオフクロに育てられてしまったわけなんだよ。
「親のフリ見て我がフリ直せ」・・・君の学習の効果に期待しとります。

IMG_2765.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1728-bca4762d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08