FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

デュオアルバム 

2014/10/31
Fri. 10:07

ワイフは市内の中学校を数校掛け持ちの時間講師をして私にメシを食べさせてくれている。
島根県の教育関係の方々はとても勤勉でお利口で向学心満々なので、いろいろな講習会やら研究会やらが年間を通してたくさん開催される。
時間講師のワイフも時間外の集会に参加したりして多忙に暮している。
そういうこともあって、今朝は自宅を7時前に出かけていった。
キーポンは相変わらずマイペースをつらぬいているから、オヤジも結界君も冷や汗ものだ。
結局ギリギリセーフで遅刻を免れていつものように登校した。

帰宅したらもう何日も乗っ取られているオヤジの書斎に電気がついていた。
朝のドタバタで消し忘れてしまったらしい。
キーポンの勉強道具が散乱して、テーブルには消しゴムの消しカスと紙の切りカスが山積みになっている。
おまけに、敷きっ放しになっている布団の真ん中でクロが丸くなって爆睡している。

オヤジの居場所がどんどんなくなって、今も喜多さんと黒田さんのデュオアルバムをラップトップで聴きながらリビング兼ダイニングテーブルでキーボードをつついている。
人のことは言えないが、吉田家の住人は猫まで一緒になってマイペースに暮している事がこういう時によくわかる。

二人のデュオアルバムは確かすでに2~3枚あったと思うがよく覚えていない。
もう何年も前から様々な音源は全てiTunesで一括管理するようになった。
その関係で、CDをダイレクト再生することも無くなった。
若い頃は、レコードやカセットテープのコレクションにハマっていたし、CDやDVDの時代になっても余裕のあるうちはしばらくそういうことが続いていたが、今はそういうコレクションもまったくしなくなった。
アレコレ見境なく集めていた頃は、それを眺めているだけでも気持ちが高ぶってひとり悦に浸っていたようなところもあったが、今ではそういう感情も薄れた。
それが良いか悪いかはわからないし、人の好きずきだし、どうでも良いことだろうが、無駄にモノが増えるよりはいいだろうくらいのことに思うようになって、歳とともに考えが変ってきたのだろうと勝手に分析している。

そのデュオアルバムがなかなか良い・・・なんて素人のオヤジがエラソォ〜なことをいったらプロのお二人に叱られるかもしれないが、それはさておいてこういう切り口もあったかと思ったし、改めて思い返すと、今までこんな感じで解釈された音つくりに巡り合っていなかったように思えて新鮮だった。
音楽は普通に趣味の好き嫌いで聴いている程度のことだからそんなに詳しくもない。
それでも、なにかしら心を打つというか感動するというか、そういうたぐいの出会いというのはいつまでも記憶に残る。
彫刻も絵画も演劇もドラマも映画も小説も・・とにかくそういう文化的色彩の強い表現には、具体的でない実体のない何かのパワーを感じ取ることの面白みがある。

・・・なんとなく聴いていたらもう1時間近く過ぎていた!ヤバイ!
今日はこれから七日務めと初月忌があった・・・

IMG_3419.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1771-0b586d44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-01