FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

老若男女 

2014/11/22
Sat. 09:16

一日田んぼで動き回って、次の日はほぼ一日お経を読んで納骨などして、もうオヤジの膝がガタガタですよ。
ナントカいう関節の潤滑剤が無くなったのか酸化して老朽化したのかわからないが、このところ年々月々日々に節々の動きが鈍くなっている。
それもあって早々と書斎の炬燵デスクに潜り込んで横になっていたら寺から電話が入った。
おかみさんのかまってコールだ。

おかみさんは、遊ぶことを人生の悪だと思っていてそれが様々な愚痴や批判になって伝わって始末が悪い。
日常の些細な出来事もすべて仕事や用事のネタにして用を言いつけてくるものだから、何回に一回はそれに付き合わないと面倒なことになる。
もう長い間老僧と二人暮らしが続いていて愚痴や批判の対象がすべて老僧に向いてしまうからそういう時はさっさと老僧を連れ出すことにしている。
ちょうど今頃は私の方も忙しい時で、その上寺の務めも加わっているから手が放せないしおかみさんにつき合っているヒマもないのだが、老人特有の「思い込んだらただひたすら堂々巡りで終わりがない」日常が延々と続きはじめるのがわかっているし、これから年末になってどんどん融通が利かなくなってくることも予測できるから、少しでも早めのその芽を摘んでおくことにした。

・・・というわけで、これから老僧を連れ出しに寺へ出かける。
それから老僧を連れて石見銀山へ帰って自分の仕事を進めることにする。
老僧の方は、もう何年も前から人生をこんなもんだと割り切って毎日を過ごしているから聞きわけが良い。
これも、老人特有の突発性癇癪や慢性手慰みが絶え間なくくり返されるが、そんなもんだと思ってしまえば気にもならないで付き合える。
おかみさんに厳しく叱られ続けられるよりはましだろう。
何処かで美味い飯を食べても良いかも知れない。

久しぶりにノッチが自分の近況を告知していた。
同じ華やかさでも、本堂の薄暗がりで鈍く浮き上がる山寺の荘厳とはえらい違いだ。
そろそろ来年の万善寺カレンダーを思いつく時期になってきた。
久々に絵でも描いてみようかと思っているところだがどうなることやら・・



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【生存確認】・・・OKです。

もうすぐクリスマスみたいっすね。
みんな半袖短パンっすよ。
#クリスマス#イルミネーション#街が#華やいでる#ここ#常夏#シンガポール。
#季節感#zero
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_1063.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1793-31bfdd84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05