FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

クロ帰宅 

2014/11/26
Wed. 02:36

脱走していたクロが帰って起こされた。
すぐにメシを食べて水を飲んでしばらくウロウロした後、オヤジの四畳半の引き戸を自分で開けて入ってきた。
開けたら締めてくれればいいのだが、それはしない。
それでなくてもすきま風で外と変らない四畳半に夜の冷気が流れ込んできた。
しかたがないから、クロの出入りに開けておいた玄関を閉めにいって、冷茶を一杯飲んで寝ようとしたらシュラフの真ん中でクロがペロペロと身繕いしていた。

先日はオヤジの失敗で脱走。
この度はワイフの失敗で脱走。
脱走の執念はなかなかの知能犯だ。
たぶん、どちらかというとクロは猫の中では頭がいい方だと思う。
上手に人を見て上手に鳴声を使い分けて上手に人を使う。
「メシくれよぉ〜」
「ここ開けろよぉ〜」
「ウザイからやめろよぉ〜」
「たまには散歩させろよぉ〜」
男のわりにはよくしゃべる方だと思う。

とにかく、クロのお陰で起こされてしまって仕切り直しで寝はじめてウツラウツラしていたら携帯が鳴った。
仕事帰りのなっちゃんが、駅から自宅までの距離で暇つぶしの電話をかけてきた。
だいたい20分くらい他愛ない話に付き合った。
バイト君のこと。
合コンや飲み会のこと。
友達と遊んだこと。
彼氏のこと。
それに少しだけ仕事のこと。
午前1時を過ぎて完全に眠気が去った。

朝から墓石の点眼と三回忌の法事で出かけるというのに、目が冴えてしばらく眠れそうにないから短編を読みはじめた。
アッという間に区切りのいいところまで読んでしまって、このままだとやめられなくなりそうなので、キーボードプチプチに切り替えた。
それで今こうして真夜中にダラダラとブログを書いている。
シュラフの真ん中で本格的にクロが寝ている。

最近酷使している足のアチコチが痛む。
このところ肘の関節の痛みも続いている。
ジジイになるということはこういうことかと、身にしみて実感する。
冷茶で痛み止めの錠剤を一粒流し込んだ。
さて、本気で寝るぞぉ〜〜!

IMG_0044_20141126023000f86.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1797-d1fc28fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08