FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

老後暮し 

2015/01/05
Mon. 08:00

正月をはさんでほぼ3日間で降り積もった雪はその後見る見る消えて浄土真宗さんのお手伝い通夜は万善寺参道が凍みることもなく雪駄を履くことも出来た。

正月気分に浮かれて体調を崩したままの東堂さんは、私の言うことも聞いてくれなくて困ってしまう。
日頃はだいたい規則的に時間を決めて三度の食事もとっていて、気が向けば日本酒を1合くらい飲む程度なのだが、こうして急な仏事が入って通夜で出かけたりすると私の帰りを待って夕食を食べないまま寝てしまっていたり、遅い夕食で酒を飲んで食べ過ぎたまま寝てしまったりして、とにかくどんどん不摂生が続いて収集がつかない。
おかみさんんも私が近くにいると自分のしっかり頑張っている姿を見せたがって、とにかく先回りして事をすませようと必死になっている。

こういう暮しが一週間も続くと、老僧夫婦の日常の暮しがことごとく乱れてしまって平静を維持できなくなってしまう。
正月は訪問介護も休みだし、行商の魚屋もこないし、世間から隔絶された暮しがしばらく続くから、少しでも長く寺の同居を続けている訳だが、一方で私という異分子が老人の暮しに入り込むことの弊害も出てしまうので身の置き所が無くてなかなか苦労する。

今日はこれから葬儀がある。
赤来高原はこの一週間の間にアチコチで葬儀が3つも重なって、万善寺のある保賀地内での葬儀が4つ目になる。
社会福祉協会や農協の祭壇も全部出払って順番待ち状態。
世話人さんの段取りも狂って大変なことだ。
冬の好天ももうそろそろ終わりになるようだし、葬儀のお手伝いが終わったら東堂さんを何処かへ連れ出そうと思っているが、それも彼の体調次第というところ。
心安らかに静かに好きな読書でもして老後を暮す・・・などということは、夢のまた夢のことになってしまうのだろうな・・・

IMG_4238.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1837-14f81ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05