FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

長期出張中 

2015/01/06
Tue. 09:30

浄土真宗さんの葬儀はとても丁寧で、なんと全てが終わったのが午後の3時半。
もっとも、赤来高原で一気に4軒の葬儀が重なると火葬場の手配も重なって順番がずれ込んだりして仕方がないところもある。
これから田舎のまた田舎辺りで暮す人たちは、人口のわりに葬儀人口がどんどん増えていくだろうから、お手伝いの自治会も少人数で切り盛りすることも難しくなる一方だ。
同じ田舎でもちょっと大きめのスーパーやホームセンターやコンビニが3つくらい集まっているようなところにはJAの管理する葬祭場が出来て、自宅葬や自治会葬が全てそちらに流れてしまっている。
坊主の動きも、葬祭場のスケジュールにはめられて葬儀が分刻みの時間単位で進められる。
これから高齢化が進むと、葬儀システムがどのように変化してしまうのか、田舎坊主ではとても先々まで予測できないところまできている。

ことのなりゆきか、たまたまの巡り合わせか、この万善寺長期出張中の一週間オヤジの自虐的ネタが続いている。
このような面白くもない発展性の無いネタを毎日続けているのに、それでも毎日数人の訪問者が耐えないところが不思議だ。
ワイフとはこちらから一方的に毎日1回は電話するようにしていて、
「どうですか?変ったことでもありますか?」
「どぉ〜もこぉ〜も・・」
などと会話にもならない短いやりとりを続けている。

今年の年始会のお参りは過去最低記録を更新してしまったから、坊主の年始回りの軒数が激増した。
これから雨の中をグルリとひと回りしてこようと思っているが、ひとまず午前中は様子を見ようと待機しているところだ。

キーポンがマメにネコチャンズの近況を送信してくれているからそれが癒しになっている。
けっこう画像が溜まったから、Instagramに置換えておこうと思う。
ヒマはヒマなりにこまごまとした用事がないわけでもない。
そろそろ石見銀山の暮しに切り替えないとあちらの用事が溜まりすぎる。
業者さんに材料の注文もしないとけないが、その材料計算も出来ていない。
寺の老僧夫婦のことも気になるが、いつまでもダラダラ寺暮らしを続ける訳にもいかない。
そろそろ通勤坊主に切り替える時期がきたようだ。

IMG_0368.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1838-0c59c26c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08