FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

100円均一ワンコインワークショップ 

2015/05/04
Mon. 18:49

とみやまカフェのワークショップが盛況のうちに終わった!
・・・といっても、100円ショップならぬ100円均一ワンコインワークショップだから、材料代にもならないほどの赤字だが、かわいい子供たちが喜んでくれる笑顔を見るだけで十分に元はとれていると思っている・・・のは多分私だけのことだろう。

朝から霧雨や小雨が降り続いて久々に冷え込んだ。
それでも、会場のランチルームを掃除したり、工具や材料を運び込んだりしていたら少しずつ身体が温もってきて汗ばむほどになった。
オープン間際からお客さんがやってきて一気に忙しくなって、記録の写真を撮る暇もないほどだった。
途中で材料の部品が足らなくなって、色々工夫したがそれでも続けることが難しくなって、予定の時間より1時間ほど早くクローズした。

いつもの常連さんや、幼稚園や小学校の子供たちや、若いお父さんや、家族連れや、おばちゃんおじちゃんなど、年齢層も幅広い。
今回は、地元作家や地元ゆかりの作家の絵画作品を集めた絵画展も併催したので、出品者の絵描きさんも訪ねてきてくれた。

まだ新しくて立派な校舎が閉校になって人影もなくほこりっぽい空気が淀んでいる教室に、こうして1日だけでも新鮮な空気が入り込んでくると、不思議なことに部屋が生返ったように華やいでくる。
閉校して備品や什器を搬出したあと、いらないゴミだけが残って倉庫代わりに使われていた部屋には、動力が消耗して動かなくなった大きな壁時計の針が5時過ぎを指している。
もう何年も動いていないことがわかっているのに、ふと見上げた時計の時間を確認して一瞬焦ってしまう。
「今度この部屋を使う時は、まず最初にあの壁時計を撤去しておこう」・・・いつもそう思っているのだが、次に使う時はもうそのことを忘れてしまっていて、また同じように動かなくなった時計を見て同じように焦ってしまう。

夕方の定時まで残って施錠が終わった頃には、雨もすっかりあがってインターロッキングの庭も乾いていて、結界君が駐車していた跡だけがシットリと濡れ残っていた。

IMG_5235.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/1956-bd075449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05