FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

かみつく 

2015/06/20
Sat. 21:22

おかみさん一人の寺暮らしが始まった。
きっと淋しいことだろう。
とても頑固な人なので、私たち家族には絶対に弱みを見せない。
ああいう生き方もずいぶん疲れることだろう。
私がそばにいると、何がそんなに気にさわるのか意味不明にことごとく延々と私にかみついてくる。
本当に頑なで損な性格だ。

というわけで、老僧がいなくなった心の隙間をなかなか埋めることが出来ないのだろう、おかみさんの精神がぐらりと揺れている。
どういう訳か私への不満がつのる一方だから、ひとまず、姿を消してみることにした。
さて、この対応がどう影響するか・・・明日になったらわかる。
私は逃げる場所があるからずいぶんと気楽でいられるが、おかみさんはそれがないからつらいことだろう。

幾つかの用事もあったからひとまず石見銀山の自宅へ引き揚げた。
ネコチャンズがさりげなく出迎えてくれた。
久しぶりのシロは、毛先の色が濃くなっている気がするけど・・・気のせいかな?
暖かくなりはじめた頃から抜け毛が激しくなったから、夏の毛に変っているのかも知れない。
クロはあいかわらず無表情にさり気なくすり寄ってくる。
肉球をフニフニいじっていたらいきなりカプッと噛みついてきた。
甘噛みだからどぉってことないが、それが彼から私への親愛の仕種でもある気がする。

「噛付く」というと、ついに寺の近所でクマが人間を襲ってしまった。
自転車に乗ったおじさんを出合い頭にガブッとやってしまった。
おじさんはビックリしつつも、自転車でクマを撃退したらしいが、その時に、腕を噛まれ、頭をひっかかれた。
幸い傷が浅くて近所の小さな病院で処置できるほどの軽傷だったらしい。
万善寺のある赤来高原では、アチコチにクマが生息している。
もう私が子供の時からクマの目撃話が飛び交っていた。
何時頃だったか忘れるほど昔に、一度だけ少量のクマ肉が配られたことがあった。
本当は殺してはいけないことになっているのだが、悪さがひどいので誰かが内緒でズドンとやってしまったらしい。
人の口はなかなか塞ぐことが出来ないから、その少量のクマ肉で口を塞いだ訳だ。
クマの出没話は毎年のように耐えることがない。
数年前の栗の当たり年の時は、栗の枝に寝ころんでその木の栗を食べ続けていたということだ。
山寺の周辺には色々な山の生物が出没する。
時代は日進月歩で進化しているはずなのに、島根と広島の県境近くの赤来高原あたりは、どうもそれに逆行して、どんどん年々野生に侵略されている気がする。

IMG_5676.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2003-45ce19ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-06