FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ジローキーの世界その2 

2010/08/10
Tue. 04:29

このところの棚経続きで、足首と足の甲が慢性炎症をおこして正座が出来なくなりました。
今まで、結構酷使してもそこまで悪くなることはありませんでしたが、やはり年と共に身体のアチコチの何かが減少したり変形したりしているのでしょう。

そんな訳で、このままでは歩くことも難しくなるだろうと決心し、病院と100円shopに走りました。
鎮痛剤とシップをタップリもらい、210円を奮発して杖を買い、当面はこれらの使い分けで凌いでいくことにします。

2本の足が思うように動かなくなってから普通に歩くことのできるありがたさを実感し、それでも膝は自由に動くからまだマシだと少し気をとりなおし、真ん中の足が上らなくなくなったらどうしようと焦り、寝つくまでのひと時をモンモンと過ごした次の朝、どの足も何となく元気が出まいまま目覚めてあれこれ用事を済ませてからメールチェックをすると、久々の匿名ジローキー氏からタイムリーな写真が届いていて元気復活。

まだまだ、「眼」と「色」のあたりでうろついている我が身を憂いつつ、一方でホッとした気の安らぎを感じてしまうある日の朝なのでした。

タイトル:「天租音主 Amazonis」
撮  影:匿名ジローキー
勝手寸評:
一瞬にして見る目を釘付けにする確かな表現力と造形力を感じる。率直でブレのない構成は被写体の魅力を十二分に引きだした快作といえる。次の展開に期待したい。

110.jpg

備考:「眼」と「色」
何れも、あの般若心経一節にあり、「無」の一字で否定されているもの。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/201-76ed6629
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08