工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

期間限定寺暮らし 

2015/07/09
Thu. 21:21

期間限定ゴールドベルグが今夜で無くなった。
私には少しモノ足らないが、ビール系というか、麦芽系というか、そういう味にはいまひとつ乗り切れないワイフのような人には、癖がなくてなかなか飲みやすい方だと思う。

最近、やたらと「期間限定!」を目にする。
結構その吹き出し文字につられてウキウキと手を出してしまうあたり、他人を疑わない純粋な少年の心のまま歳をとったんだなぁと自分を褒めてあげたくなる。
結局は、期間限定のわりには特に労せず1年中手に入ってしまうあたりが誇大広告で騙された!と気がつく訳だが、それはそれで特にストレスなく好きなドリンクをチョイスできている訳だから、お互い様で相殺出来ている事になる。

そこで、その期間限定品のもう一つに、「ミネラルたっぷり塩キャラメル」なるものがあって、現在これにハマっている。
そもそものきっかけは、まだ入院中だった老僧の付添い暇つぶしの1品で見つけたのが始まりだが、これがなかなかいける。ひょっとしたら老僧も食べてくれるかなとも思ったが、それはなかった。
その、塩キャラメルを舐めながら、現代彫刻小品展のDM発送作業に励んだ。
ひとまずの第1弾はお昼前に封筒ののり付けを終わったので、そのまま郵便局へ走った。当初予算の事もあるから発送先の厳選もあるし、それなりに神経を使って時間を労する。

午前中の事務仕事の途中に、本葬がらみの用事で大工の棟梁がやってきて打ち合わせで1時間近くかかった。
本堂の下足用スノコと、庫裏の玄関メンテナンスと縁側の式台新設等を相談して、あとは生命保険や建物共済などの生臭い話しで盛り上がって終わった。
いずれにしてもこの度の本葬に際しては、どう考えても建前ばかりが先行する虚しさが漂ってしまうあたりに、俗へ染まりきった自分の神経が敏感に反応してやるせない。
モノゴコロついた時から、宗教の世界に浸りきって、大きくなって、方丈さんになって、住職を務めるエリート和尚さんとは、やはり相当の隔たりを感じてしまう。
そのような僧侶諸氏は、ある意味純粋真面目に僧籍を守り育てている訳だから、それはそれで敬服するばかりだ。
私のような俗に染まりきったナンチャッテ坊主など、完全に理解の域を超えている。

外交で少し遅れたお昼には、炊飯ジャーで黄ばんだご飯を使ってチキンの無いチキンライス??を作った。おかみさんは旨いといっていたが、さてどうなのか・・あやしい。
夕食はなりゆきで豚のバラ肉を使った生姜焼き。これも、おかみさんは旨いといっていたが、いいかげんパサパサの肉を使っているから、たいして旨いとも思わなかった。それより、スーパーで買っておいた完熟トマトが甘くて美味しかった。本当は、もう少し青臭いトマト独特の癖がある方が好きなのだが、贅沢も云っていられない。

久々に梅雨の晴れ間の蒸し暑い一日だった。

IMG_5796.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2022-2594ecb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06