FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

必要悪の効能 

2015/08/12
Wed. 20:06

まだ憲正さんがそれでも元気で寺のアチコチを歩いたりしていた頃から、万善寺や憲正さん宛に届く郵便物の取り扱いが怪しくなって、発送元の各所に迷惑をかけはじめたり、訳のわからない事務書類におかみさんが癇癪をおこしたりしはじめたものだから、町内の郵便局へお願いして万善寺宛の郵便物は全て石見銀山で暮す吉田家へ転送してもらうことにした。
それからは、ワイフがそれなりに気を付けて整理しておいてくれたから大きな問題も起きないで、平和で静かな老夫婦の寺暮らしが戻ってきた。これでひと安心と気楽に過ごしていたら、1年くらい経った頃からまた万善寺の老夫婦が郵便物で大騒ぎをはじめるようになった。どうしてだろうと訳のわからないまま郵便局へたずねてみたら、転送有効期限は1年間なのだそうだ。なるほど、そういう訳かと納得して、転送ねがいの書類を更新して再提出して今に至っている。
この更新もさて後何年続くのだろう・・・

今年に入ってからはほとんど単身赴任の寺暮らしになっているから、普通は郵便物が寺へ届いても大丈夫なはずなのだが、まだおかみさんが元気なうちはそういう訳にいかない。
寺に届く役場や森林組合や農協や宗務所や寺院教区や高熱水費の引き落とし書類や業者からのカタログまで、全くチンプンカンプンの書類を何とかして自分の乏しい事務能力で片づけようとするから始末が悪い。
結局、無駄な心配の心労でまた癇癪を起こすことになって、それにつきあう身にすると全くもって余計なひと手間が増えるばかりでどうも調子が悪い。
面倒なことは承知の上で、いまだに郵便物は石見銀山へ転送され、私が数日間まとまった郵便物を受け取りに結界君をすっ飛ばしている。

そろそろ島根の赤来高原もお盆を迎える。
台風崩れの低気圧のせいで雨が降ると言うことだったから、まる1日かけて墓掃除と荘厳を済ませた。
昔は老夫婦が10日ぐらい使って地道に作務をしていたことを、私は1日で済ませてしまう。
最大の功労は草刈り機。これのおかげで作業効率がずいぶん改善できた。
もっとも、すでに2機を使い倒して現在3機目を使用するほどハードに使っているからそれなりに投資もしている訳だけど・・・
それで、余った時間を利用して石見銀山の自宅まで結界君を飛ばした。
郵便物は結構溜まっていたが、それより何より、ネコチャンズと久々に再会できたのが心の癒しになった。
シロちゃんは、女の子らしいシナを作って媚ながら甘えてきてくれる。ちゃんと私のことを覚えていてくれた。
クロ君は、私にだっこされることを極度に嫌がる。男のプライドがジャマしているのだろう。キーポンに撮ってもらった写真は、白い牙がのぞいていてゴジラのように見えた。
何度かガブリとやられたが、それもクロ独特の親愛表現できちんと甘噛みしてくれている。
無駄ばかりの吉田家万善寺郵便物事情であるが、それはそれで必要悪としてしっかり機能しているところが良いな。

IMG_0529 (1)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2056-73223823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-11