工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

万善寺の早朝 

2015/08/17
Mon. 23:37

ヤモリって逆さになって頭が下を向いていてそのままズゥ〜ッとジッとしていて、頭に身体中の体液が下がってきてクラクラしたりしないのかなぁ〜・・・
さっき寝る前のトイレに行って、オシッコしながらそんなことを思っていた。

最近、急に秋らしくなって早朝が寒くなってきた。万善寺のロフト暮らしだと夏用の掛け布団がないと寒くて目が覚める。
保賀在住のカラスの夫婦が6時前に朝の挨拶で鳴きはじめる。習慣とは面白いもので、一羽が万善寺の庫裏の屋根で鳴き始めて、もう一羽が保賀川を渡った向こうの山からそれに応える。お互いの鳴声を上手に真似しながら鳴き合ってしばらくそれが続く。
「おはよう!」
「おはよう!!」
「涼しくなったねぇ〜」
「そうねぇ〜、チョット前まであんなに暑かったのにねぇ〜」
「そうねぇ~、チョット前までけっこう暑かったなぁ~」
「そろそろSさんちのスイートコーンいい感じよ♡」
「そりゃぁいいなぁ〜♡」
「そのあたり、もうひと回りしてくるわね」
「ボクもあっちの方を見てくるよ」
「じゃぁ、またね♡!」
「じゃぁ、またね♡♡愛してるよ♡!」
・・・って感じを朝の6時過ぎまでひとしきりやっていると、パジェロミニが参道を登って境内へ乗り上げてくる。フロントドアを開けると、強烈な大音量の音楽が流れてくる。
そうやって、毎朝ほぼ同じ時間につがいのカラスとパジェロミニが大騒ぎするから、だいたいそれで目が覚める。
ちなみに、パジェロミニの方は、新聞配達のオヤジ。
私は100%新聞を見ないから、おかみさんが玄関先のポストを覗きわすれた日は一日中その新聞はピクリとも動かない。仕方がないから夕方になって玄関の施錠の時にその新聞を引きあげる。最近は、特にそうする日が増えた。おかみさんが一週間も新聞に気が付かなくなったら、配達をやめてもらおうと思う。
どうせ6時過ぎに起こされるのなら、パジェロミニの大音量より、夫婦のカラスの会話の方がまだ良い。

明日はいよいよ万善寺の施食会と大般若会と久々に再開の塔婆回向。
今日は半日雨で境内の営繕が出来なかったから、午前中に残った仕事を片づける。
染めた手ぬぐいに手づくりの熨斗を巻いて、一筆したためて粗品の準備をした。
「お参り20人もいないでしょぉ〜」
夜になってやってきたワイフに聞いたら、「25人はいってたと思うよ!」と断言していた。もう少し、粗品を増やしておいた方が良さそうだ。
いつものように、きっとカラスが起こしてくれるだろうから一つ二つくらい、仕事が増えても大丈夫さ!

IMG_0736_20150817233358fd9.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2061-b617b342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06