工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

心はドンヨリ 

2015/08/27
Thu. 21:26

朝から秋晴れのいい天気になったが、私の心はドンヨリと曇っている。
これも宿命という事で避けて通れない事だから仕方のない事なのだが、それにしても気が滅入る。

最近やたらと過激な老人と進化するおかみさんに手の付けようの無いほど苦労する。
まだ憲正さんが存命の頃からその兆候があったものの、過激のはけ口が数ヶ所に分散していた頃は何とかなっていた。
それが今は、ことごとく息子とその妻、そしてたまに孫にまで飛び火してくる。
こういうおかみさんの様子を見ていると、「人間、歳はとりたくないものだ」と思ってしまうが、私の場合は、すでにそのあたりはゴクンと飲み込んでいるからたいして気にもしないでいる。それでも、「おかみさんのように、歳をとってはいけない」と最近になってより強く自覚するようになってきた。
有る意味で、おかみさんに反面教師を見る思いだ。

苦労してお願いして書いてもらった総合病院での検査受診紹介状を、結局無駄にしてしまった。
おかみさん本人が検査受診を頑強に拒否したためだ。
仕方がないから、せっかく頂いた紹介状を持って予約の時間に合わせて総合病院へ1人で出かけた。
事情を説明したら、ひとまず私の話だけは聞いていただける事になって、受付けをすませてから1時間半ほど待った。
若いドクターは、自分の専攻領域を越えた内容だとことわりつつ、それでもそれなりに私の話しを丁寧に聞いてくれた。
結局医療的に検査受診の結果を見ないと客観的な病名も決められないという判断であるが、もっともなことで、忙しい時間を割いてそう言ってもらえるだけでも有難い事だ。
その上、私のしつこい食い下がりにも対応してくれて、直通の電話番号もゲットできた。
まぁ、何もしないよりは良かったと思うし、少し気が晴れた。

メシ抜きで行動している空腹感もあったが時間を無駄にも出来ないので、帰りの途中に富山へ寄った。
無駄撮りの取材を埋め合わせしようという気持ちで数日前と同じルートをなぞったものの、どうも気持ちがスッキリしないで今回もなかなか集中できなかった。
それでも100枚ほどは撮り貯めたから、中に1・2枚程度だったらそれなりに納得できるものもあるかもしれない。

明日は、また1日お盆の続きの仏事で赤来高原になる。
万善寺へ寄ろうとも考えていたが、今は無住職ということで素通りする事に決めている。
毒親には毒息子で抵抗するしかないと決める事にした。
仏事が終わってから、地域の介護福祉センターへ寄って、総合病院で聞きとった話しを伝えておこうと思っている。
そろそろ、自分の記憶力も怪しくなってきはじめているからね。

IMG_0878.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2071-5dc38e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07