工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

そして、ひたすら 

2015/09/10
Thu. 23:49

久しぶりに青空を見た気がする。
それでも、日中は時折雲が広がり雨がドッと落ちる。
工場の方は道も乾いて雨の気配もないのに、隣町と境界のトンネルを越えると雨が降っている。
こういうことは今に始まったことでもないからそれほど気にならないが、雨の降る中石見銀山の自宅を出る時には気持ちも乗らないし、なかなか彫刻を造る気にもなれない。
このところ断続的に激しくなる雨ばかりの毎日だったから、余計に工場との距離が遠のく。

まぁ、そんな感じで雨の数日間をほとんどデスクワークで過ごした。
はかどったといえばたぶんはかどっているのだろうが、気持ちの方はなかなか集中できないでいた。
そういう状態は、デスクワークが工場での彫刻制作に変っても似たようにダラダラと続いた。
鉄板の溶断に一区切りがつくと、思い出したようにアチコチへ電話をかける。
材料屋に納期の確認。
そして、鉄板の移動。
万善寺護持会会計さんへ旅費申請の金額請求。
そして、鉄板へドローイング。
とみやまのまちづくりセンターへ運営委員会提出資料の確認。
そして、鉄板の歪みを修正。
知人の女の子へイベント受付けの打診。
そして、ひたすら鉄板磨き。
忘れていたことを思い出してもう1度富山まちづくりセンターへ電話。
そして、ひたすら鉄板溶接。
広報回覧の問い合わせで市役所の担当さん名指しで電話。
そして、ひたすら鉄板溶接。
近所の高校へ富山でのイベント告知の電話。
そして、ひたすら鉄板溶接・・・

夕方になって結界君へ燃料の補充。
彫刻の運搬でお世話になっている真ちゃんへ電話。
そして、ひたすら鉄板溶接・・・

あぁ〜〜、酒も飲んでいないのに顔が真っ赤になっているだろうな。
数年前から顔にしみが目立つようになってきた。
私もそのような年齢になったと、短時間ほど感傷にふけった。
日が落ちて我が家の女性同盟は買い物に出かけた。
それからしばらくして真ちゃんが来て、延々女性同盟帰宅まで飲んだ。
真ちゃんが美人・・いや美猫の野良猫を救出したらしい。
我が家のネコチャンズが何処からともなく現れて真ちゃんへ媚をうりはじめた。

IMG_1020.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2085-8a2c9d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10