工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

福寿円満 

2015/09/24
Thu. 22:45

福寿円満
長寿安楽
身心快楽

・・・さて、万善寺地蔵さん法要で、どの祈祷塔婆が人気だったでしょう?

毎月24日はお地蔵さんのご縁日。
世間的には8月24日が地蔵盆というやつで日本各地の縁日が賑わっているようだが、万善寺のその頃は、まだまだお盆の最中で、とても地蔵盆で法要を一つ仕立てる余裕が無い。
そこで、もう長い間ひと月遅れの9月24日に地蔵供養と数珠くりを合体させた祈祷法要を厳修している。
昔からの習わしで、法要は夜。
古来より、だいたい仏事のほとんどは夜に行われることが習わしであったようだが、最近はいつのまにか朝の10時とかお昼の14時始まりが普通になってしまった。
世間の都合でそうなったのだろうが、あの世とこの世を結ぶ微妙な時間帯に何かしらの法要をぶつけるということは理にかなった発想で、それが一番功徳の力を発揮できると思うのだが・・・ひとまずはとにかく世間の事情でそうなったことだろうから、あまり深く考えないようにしておこう。

私が数年前から厳修している地蔵供養法要には、先ほどの祈祷塔婆を用意することにしていて、夜のお参りの皆さんへのささやかなプレゼント程度のものだが、一応1枚ずつ手書きしている。
お参りもせいぜい一桁程度のことだから、どこかの仏具屋さんのカタログ販売の御札や塔婆を買うよりは安く済むし、何かというと印刷物がやたらと氾濫する今時のことだから手書きのほうがかえって有り難みが増すだろうと勝手にそう思っている。
それで3種類を書き分けたのが先ほどの仏教的四文字熟語。
意味の方は、漢字を見ればだいたい想像できるでしょう。

今夜の法要で一番人気だったのは「身心快楽」・・・残り1枚でありました。
ちなみに、一番不人気だったのは「福寿円満」
高齢化の進む万善寺周辺田舎事情の実態が少しばかりわかった気がする。
世間の高齢者の皆さんは、我が身可愛い方々が多いようで、結構しっかり高齢で、そろそろ思い残すこともなく「毎日をつつがなく過ごし静かにあの世とやらへ旅立ちたいものだ・・」などと余生を楽しく生きようなどと思うことなど無いままに、まだまだ死にたくないと病気を恐れ長生きを望む方々が多いようだ。
自分の身心老化と向き合って、やはり無意識に意識している自分を慰めつつまだまだこの世に未練を残す・・・それこそ、なんと虚しいことか・・
そういうことを自覚してわきまえて正しく生きていきましょう!・・・結局何時か死ぬことは確実にわかっていることだから・・
ちなみに、ボクは「福寿円満」がいいなと思っております。

IMG_1014.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2099-52e9b93f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06