工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

とみ山彫刻フィールド・アート・ワーク 

2015/09/30
Wed. 20:32

搬入作業の後遺症か?今日は1日背中が痛くて、30分もじっと座り続けることできなかった。
全くデスクワークが進まないまま気が付くと夕方になっていた。
1ヶ月後に迫った美術イベントの告知原稿が出来上がった。
しばらく時間をおいて冷静な目で校正をして、明日には印刷に回したい。

MacMusicが耳のお供でとても良い働きをしてくれる。
ウエブラジオは変にシャベリが入らなくて、延々と音楽が流れ続けるからそれが良い。
時々、気に入った曲が流れるとアルバムをチエックしてメモしておく。
休憩の時にそのメモをウエブ検索して、YouTubeで動画を巡回する。
私のデスクワークはだいたいこんな感じで進む。
最近のお気に入りはTiffanyAlvord。とにかく可愛い。それに、歌が上手い。
テイラー・スウィフトみたいになってくれると良いなと思うが、このままだとたぶん無理な気がする。TiffanyAlvordクラスの歌が上手な若い子がひしめいている。
アメリカはやはりショービジネスの国だということがよくわかる。ビデオクリップの完成度も高い。

吉田家が暮らす石見銀山では、シーズンになると観光イベントがあちこちで開催されている。
一番多いのが石見神楽(いわみかぐら)。
島根県各地の神楽社中が入れ替わり立ち代り出演する。島根の住民が特に神楽を好きなのかもしれない。本来は神への奉納として厳かに舞われていたのだろうが、今では完全に民衆の娯楽芸能で上演されている。
石見銀山で開催を続けていた「現代彫刻小品展」も、観光協会か何かの主催が日曜日ごとに会場を抑えてしまうものだから、毎年の同じ時期に継続することができなくなった。ちょうど5回展を終了したし、キリの良い所でもあったから、ひとまずこの石見銀山会場での彫刻展開催は打ち切りにした。

私のささやかな個展は観光客の激減する冬の時期に、稲刈りが終わった田んぼを貸してもらって3年前から続けている。こちらの方は、六本木の展覧会に彫刻を出品し続ける限り継続していこうと思っている。
今年は、それに棚田の残る高原の町、富山町の廃校になった小学校をメイン会場にして美術イベントをすることにした。町にとっても初めてのことだから、吉田がどんなことを始めるのかそれなりに気にしてもらっているようだ。これがうまくいったら、しばらくは富山町を会場にして彫刻イベントを続けてみようと思っているが、一方で教育委員会が中心になって小学校の活用を検討していくようだし、それで学校が使えなくなったらこのイベントも1回で終わることになるだろう。
他にも数カ所へ美術イベントを提案している。
自分にとっては、仏教の布教活動のようなものだと思っていて、彫刻文化が少しでも島根の片田舎の地域に根付いていけばいいのだが・・・

ポスター1

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2105-1b74fa06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06