工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

秋の先駆け 

2015/10/02
Fri. 21:26

台風並みの低気圧が過ぎた島根は、久々に抜けるような青空が広がった。
いつもの浮かれオヤジだったら、1日四畳半でくすぶっていないで、サッサと外出して海を見に行ったり渓谷の温泉へ出かけたりして秋の先駆けを満喫しているはずなのに、今はどうもそういう訳にはいかない状態で朝から例の四畳半へ引きこもって、昼過ぎまでキーボードをプチプチやったりトラックパットをクリクリやっったりしていた。

珍しく平日に休みになったワイフは、石見銀山の町並みへ何度も出たり入ったりして落ち着きなく平日の用事を済ませている。
明日からは先日彫刻搬入を済ませた徳島へ野外彫刻展を観に行くことにしている。
20年位前には、こうしてすこしばかりの遠出は吉田家家族全員で行動していた。
知らない間に一人ずつ石見銀山を離れて、結局今ではワイフと二人暮らしになった。
日常の暮らしに限ると子供の手が離れたわけだから、もう少し共通した夫婦の時間が出来るかと思っていたのに、世間はそれほど甘いものではなかった。
昔ながらに暇にのんびりと嫌な仕事は引き受けないままの我儘な暮らしがバージョンアップするくらいにか思っていなかったのに、現状はその逆で全く慌ただしく落ち着く暇もないままアッという間に1日が過ぎてしまっている。
それでもお互い滅多にない二人の時間が共有できる機会でもあるし、少しばかり無理をして仕事の調整をして3時間ばかり外出した。
結局は、何をするでもなく普通に近所のスーパーへ買い物に出かける程度のことだが、たかがそれだけでなんとなくウキウキしてしまう。
一方、ワイフの方は私の財布を狙ってウキウキしているのが見え見えで、まぁ、色々と買わされました・・というか買いました。
一番の収穫は半額セールになっていた超高級な和牛肉。
続いてこれも安くなっていた豚トロ。
そして最近の定番鯛のアラ。
あとは、それぞれ好きな買い物をして、結局支払いは私。
夕食を楽しみに想像しながら街道を急いだ。

明日は早朝から七日努めに出かける。
早いものでもう6-7日になる。
先日の彫刻搬入の無理がこたえて、腰の痛みが改善しない。
こういう時の長時間のお経は救いようのないほど地獄だ。
動き続けているのも辛いが、じっとし続けているのもかなり辛い。
とにかく何をしても体に応える。
徳島への1泊2日の道中もきっと腰が痛いまま2日が過ぎてしまうのだろう。
早めの夕食を終わって、そんなことを思いながらBoyce Avenueを垂れ流して聴いている。
最近、世間が少し涼しくなってネコチャンズが頻繁にベタベタ擦り寄ってき始めた。
気候の変化に敏感と云うか正直というか、とにかく自分の都合でオヤジに擦り寄ってくる。
それでも、よそよそしくされるよりは良いもんだ。腰の痛みも少し忘れていられる。
Boyce Avenueのアコースティックが耳に心地いい。

IMG_0580 (1)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2107-53c87f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10