工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

持ちつ持たれつ 

2015/10/09
Fri. 22:25

猫というやつはいつまでたってもどうも正体がつかめないというか本性がよめないというかそういうところがある。
猫が違えば性格も違うしやることしぐさも違う。だからそれが彼らの魅力になっていると思っているし、それが良いというか、まぁ、どちらかというとそれに馴染める自分がいるから同居が刺激的だったり癒しになったりして心地よかったりするのだろう。
あるときは、めんどくさくなるほど媚を撒き散らし、別の時は憎たらしいほど無視を決め込まれたりする。それが同じ猫のすることだったりするから、正直者で純粋に(それが私の名前の由来!)できている私などすぐに混乱してしまう。

「とみ山彫刻フィールドアートワーク」のポスターやリーフレットの印刷が上がったので、この2日間ほど島根県をアチコチ営業して回っている。
主催母体が民間だと、公的美術館にポスターを貼ってもらえなかったりする。どちらかと言えば美術文化イベントで公的美術館の企画事業とかぶっているようなところのものは自分の利益に繋がらないとみなされてしまうのかもしれないが、その美術館が断る理由としては、「一つ団体を許してしまうと収集がつかなくなってしまうから、美術館企画以外の掲示物は全てお断りすることにしている」と返ってくる。日本全国の公的美術館カルテルが密かに存在しているのかもしれない。
そんなわけで、もう何年も前から掲示物を断られている美術館を避けて、島根中央部の私設美術館を巡ってきた・・といっても、島根には私設美術館も少ないけど・・・
今井美術館は、今井産業という島根では大手のゼネコン系会社の創立者の趣味が高じて作られた美術館らしいが、詳しいことはよくわからない。
その美術館の学芸員のお姉さんがチョットした知り合いで、運良くその人と逢えたら二つ返事でポスター掲示やリーフレット配布を承諾してくれる。ついでに彫刻展絡みの営業も若干させてもらって、またそのついでに今井美術館企画の招待状やチラシなどももらった。まぁ、「あなた持ち込みのポスター貼ってあげるから、美術館企画の宣伝もしてちょうだいね♡!」ッて感じだったりする。
人の良い私などマンマとその術に乗せられて、喜々として我が企画と一緒に宣伝したりしてしまう。
午後からは会場でお世話になる富山町を訪問した。センター長さんと野外彫刻設置の候補地を決め、郵便局の局長さんとJAの職員さんへポスター掲示をお願いし、会期中の事務所や宿泊でお世話になるお寺の総代さんと日程の打ち合わせをし、婦人会の会長さんへ期間中の炊き出しをお願いして、ついでにあわせ柿をつまみながらコーヒーなどごちそうになり・・・と、一人ひとり話せばみなさんとても良い人ばかりで気持ちが和む。
今日は1日、久しぶりに沢山の人と沢山会話をした。

帰宅したらいつもはしばらくすると現れるネコチャンズがいつまでたっても見当たらない。何かの失敗で脱走したかと心配になって本気で探し始めたら、クロは思いもよらないとんでもないところで爆睡していた。シロは例の調子で私の存在の裏をかいてチョロチョロ逃げまわっていたようだ。
心配してやったことが馬鹿らしくなって、無くなっていた猫メシの補充を無視してやった。

IMG_1222_20151010002631420.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2114-ef2bfaf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10