工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

世代交代 

2015/10/15
Thu. 07:05

六本木の彫刻陳列が終わって、その夜慰労懇親会があった。
展示が早く終わって少し時間があったから、数人の仲間で慰労会の予行練習を始めたら、それなりに結構盛り上がって、本番前にしっかり出来上がってしまった。
都合、10時間位は飲み続けていたかもしれない。
そんなわけで、展覧会初日は二日酔いでもなかったが、どちらかと言うと寝不足気味でお昼すぎになってもなにかぼんやりしていた。
島根に帰ったその年から出品を始めた展覧会がいまだに続いていて、東京でこういう1日を過ごすのはもうその頃からのことだ。

島根から一緒に彫刻を出品している仲間の周藤さんがお昼を付き合ってくれて、イタリアワインのボトルを1本空けた。
おかしいもので、あれほどいっぱいアルコール漬けになっていたのに、日が変わるとなんの問題もなくワインが身体に入って美味しく飲めてしまう。
色々と環境の違う大都会の空気に酔わされているのかもしれない。

六本木の細い裏道で大きな高級外車がスルスルと滑るように近づいてくる。どの車も埃汚れ一つなくてピカピカ!
ふと、ボクの愛しの結界くんを思い出してしまった。
作業着に長靴スタイルだったり、改良衣に雪駄履きだったり、容赦なく使い倒している結界くんが可哀想になってきた。もう、何年も洗車していないから、車体のいたるところへ張り付いた埃汚れに青苔がつき始めている。塗装の端っこからサビも浮き始めた。
そういえば、田舎のお百姓さんの軽トラはだいたいにやたらと綺麗に光っているなぁと、東京のど真ん中の六本木の街を歩きながらそんなことまで思いだしていた。

東京駅八重洲口から高速夜行バスに乗った。寝ている間に周藤さんからメールが入っていた。彼がやっと会員になってくれた。
島根では吉田正純と吉田満壽美夫婦が揃って彫刻を造り続けているが、北陸でも石彫を造り続けている彫刻家夫婦がいる。
彼らが、揃って受賞したそうだ。
まだ若い二人だし、これからが楽しみになる。
吉田夫婦も、今は随分と年季を重ねて年をとった。
こうして、いい感じに次へ世代が交代していく様子が見えてくると、そろそろ、自分の踏ん張りも無駄な力が抜けて、気楽にいられるようになる。
島根の彫刻界も、周藤さんから後がどうなっていくか、楽しみなってきた。夜行バスを降りた時は、いつもは寝不足でフラフラになっているが、今朝は日差しも眩しい晴天で頭がシャンとしている。ワイフにすぐ電話した。
「周藤さんが会員になったよ!」
「それはそれは・・・」
島根在住彫刻家吉田夫婦の人生もこれから少し変わってくるかな?・・
さて、久々の日本海を見ながら石見銀山へ帰りますかね・・

IMG_1141.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2119-fb92be8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08