工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

石見銀山の現実 

2015/10/15
Thu. 22:16

六本木の彫刻展示でしばらく留守にしている間に、大切なウエブメールがいくつかと、ポストに投げ込まれたアナログメールがいくつかあった。
石見銀山の自宅に落ち着いて、ワイフに六本木の報告などしてしばらくしてそれらをひとつずつ整理した。
ほとんどは確認程度で済むことであったが幾つかは具体的なやりとりの必要があって、そんなことをしていたらお昼になって、その頃はワイフも出かけていて、気が付くと吉田家はネコチャンズが静かに昼寝をしているくらいでやたらと静かになっていた。
まだ24時間も経っていない。
つい少し前は、人通りも耐えることのない東京の六本木や八重洲あたりをうろついていたことがウソのようだ。

ワイフからの伝言の一つでストーブの煙突設置の問い合わせがあった。
昨年のストーブシーズンオフに撤去する時は、その店の担当者があれほどしつこく写真に記録していたはずなのに、それがなんの役にも立っていなかったようだということがわかった。その人が悪いわけでも何でもなくて、それまで何年も私が自分でコツコツやりくりしてその時々を無難に過ぎてしまっていたわけだから、まぁ、少しばかりめんどくさく追求すれば責任の元は自分にあるなぁと、反省しながら煙突を90%ばかり組み立てて、あとはその店の従業員さんに投げておいた。
相手は可愛げなお姉さんだし、少しばかり後ろめたいところもあったが、だからといってなれなれしくニヤけたオヤジ根性で付き合ってもなんの見返りもないことはわかっているから、クールに見捨ててサッサと終わりにして自宅に引き上げた。

しばらく遠ざかっていたYouTubeをチェックしていたら、時々フッと記憶が抜けることがあって、その間隔が頻繁になって、ついに耐えられなくなってバタリと寝てしまった。
やっぱり、シャンとしているようで現実は確実にジジイになっている。
自分の精神力に体力がついていっていないようで、爆睡すること約2時間・・・気がついたらいつの間にかワイフが帰宅していた。

とにかく、明日からは「とみ山彫刻フィールドアートワーク」の現実が待っている。
早速9時の約束を取り付けて1日が始まる。
六本木のように、至れり尽くせりみんなが助けてくれることがない。
全て一切合切自分で自力でノリ切らなければいけない。この一週間は準備段階の正念場になる。さんざんアチコチに迷惑をかけているから、失敗は許されない。
珍しくクロが自分から擦り寄ってきた。
しばらく私の隣で虚ろにもの思いにふけっていたがいつの間にかいなくなっていた。
気持ちの通じることというのはこんな感じなのかもしれない。どこかしら面倒だったり不安だったり懐疑的だったりと、自分の弱さが身体中から垂れ流れていることをクロが敏感に察知してくれたような気がした。
結局、自分一人では何もまともにできていないんだよ・・・というか、できないんだよね一人では・・

IMG_1159.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2120-37d213b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08