工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

究極の贅沢太り 

2015/11/03
Tue. 22:42

富山の爽やかな秋空が少しずつ夕焼けに染まり始めてきたので、4日間続いた「とみ山彫刻フィールドアートワーク」のA型看板を撤収することにした。
思えば、アッという間に始まって終わったイベントだった。
準備段階から会期まで余裕がなかったから、今にして思えば。結構ハードだった。
過去6年間の蓄積がなかったら上手く開催できなかったかもしれない。
今になってそう思うようになって、看板を撤収しながら背筋がゾクッとした。

250kg積載の結界くんがフル稼働して、荷台いっぱいに回収した看板と石彫の道具や石材を積み込んだ。
参加の作家や講師の皆さんとスタッフが協力して富山小学校の復元をしたあと、三々五々四方に解散した。
最後の点検を済ませて結界くんのエンジンを始動した時はすでに夕闇が迫っていた。
鈍く痛む膝をかばいながらクラッチ操作を繰り返して富山の谷をあとにした。
明日は残った後片付けを1日かけて済ませつつ、お世話になった関係各所へお礼に回ろうと思う。
4年越しで実現した今回の企画は、今までにないほど刺激的な反応が返ってきた。
あの手厳しいワイフも今回に関してはまあまあゆるく優しく見逃してくれたところもあったからそれなりに評価してくれたのだろう。

1日目はノリちゃんのカレーライス。
2日目はノリちゃんの豚汁。
交流会はワイフのおでん。
3日目はノリちゃんの中華丼。
4日目はワイフのカレーライス。
それに、ご飯は新潟佐渡の新米。
以上、お昼ごはんその他のメニューでした。

そして・・・差し入れ!
旧知のクラフトマンの奥さんから押し寿司。
富山地元の旦那衆から焼酎にツマミにビールに・・・その他諸々。
講師の小林さんからどぶろく。
交流会にはワインのボトルにオードブル。
地元の奥様方からみかんにお菓子。
それに、発泡スチロール一杯のふかしイモ。
出品の作家からも差し入れがあって、結局会期中にアチコチ配っても全て消化できないままお持ち帰りした。
「あぁ〜、4日間受付で運動もしないで食べて飲んでばっかり!」
って感じで、ハッキリいって究極の贅沢太りまっしぐら!
とにかく、なんだかんだいってありがたいことであります。
朝から晩まで徹底的に贅沢をさせていただいた4日間でありました。
そしてそして打ち止め・・・日本酒の熱燗!・・・あぁ〜〜〜こたえられませんなぁ〜!

IMG_1385_20151103224124974.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2139-b591e619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10