FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

現代彫刻小品展IN石見銀山情報その10 

2010/08/24
Tue. 10:03

この頃の吉田は体調がすこぶる悪く、身体の内外の障害でロボットのような動きをしています。
寝込むわけにもいかないので、ダマシダマシ仕事をしているわけですが、それに輪をかけるように一人では手に負えない期限付き用事が舞い込んで、そのほとんどをキャンセルするも、限界があってギリギリの暮らしをしています。

そのようなドタバタの中、展覧会の2週間期限付き看板が出来ました。あとの請求が恐ろしいほどの大工さんの力作です。

石見銀山は、世界遺産登録にあわせて「大森町住民憲章」なるものを自治会協議会が中心になって作りました。
あくまでも、住民が暮らしやすい町を維持するために幾つかのルールも併せて検討されました。
その一つが「看板」です。
道案内のサインやお店の看板、店頭の店作りまで事業主さんと話し合いながら決められました。
ひと頃は必死の営業におされて、なかなかルールが浸透しない時期もありましたがそれも一過性のもので、世界遺産ブームが下火になると、自然に過激業者さんの姿も消えていきました。

そんなわけで、あの当時にこのようなデザインのポスターや看板を掲示することは信じられない話しでした。
小心者の吉田は今でもドキドキです。
関係の方々の見て見ぬふりを期待しつつ、何とか会期終了までこのままの状態をキープしたいと思っています。

IMG_8740.jpg
右手の2階家は空き家です。改築の手が入らないまま雨漏りが激しくなっています。
現在の吉田家も入居前はこのような状態かさらに傷んでいたかも知れません。

IMG_8738.jpg
彫刻展の展示台を一手に引き受けていただいた大工さんのおうちにも、ちゃんとポスターが張ってあります。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/216-0ee18967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05