工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ここだけの・・ 

2015/12/07
Mon. 22:52

台風以上の大風が吹いて、結界君がひっくり返るんじゃないかとヒヤヒヤの一日が過ぎて、冬の日本海沿岸としては文句の云えないほどのそれなりに薄日の差す一日になって、朝からストーブもつけないでウロウロしたあと、引き続いて富山での今年最後のワークショップと、それなりに慌ただしい毎日が続いている。
私のように定職を持たないで毎日がバラバラの仕事とも云えない用事を一つずつ片づけながら暮していると、かなり強く意識して一日のスケジュールを組み立てていかないと、怠けようと思えばいくらでも楽にだらしなく毎日を過ごしてしまうことになってしまうから、それはそれで自ら自分を戒めて結構緊張しながら暮していたりする。
秋口から続いた、自分にとっては比較的大きな仕事の実働が一段落して、このところその整理や報告の事務処理が続いているから、寺の用事が無い時はだいたい吉田家にこもりっ放しになっていることが多い。
ほぼ一日中ジッとしていたりすると、3時のティータイムになる頃には身体のアチコチが固まって椅子から立ち上がるのも辛くなってしまったりする。
せっかく自宅にいるわけだから、軽い運動も兼ねていつもはワイフに任せっきりの家事の手助けでもしようと決めたことがある。
食器洗いと、ネコチャンズのトイレ掃除と、お風呂掃除に風呂焚き、それに時間を見つけて薪づくり。このくらいの家事をほぼ毎日くり返すことも、規則的な日常を過ごすことになって、今の自分には都合がいい。
もっとも、こんな暮しをいつまで続けていても収入に繋がるわけではないから生活の方は厳しくなる一方であるが、今のところ酷く世間に迷惑をかけることもなく暮すことができているから、「まぁいいや!」と思うようにして未来を悲観しないようにしている。

ここだけの話・・・
私の吉田家での暮しは独断的に我侭で俗な世間の常識からは若干逸脱しているところがある。子供が同居している頃からそういうふうな癖っぽいところもあったが、今よりはずいぶんと常識的に暮していた。
それが最近のワイフと二人暮らしになってからは、ハッキリと確信的に態度で表れるようになってきた。具体的に云うと些細なことで取るに足らないほどのことなのだが、同居しているワイフから見ると、どうもそれが我慢できなくてイライラの種になっているようだ。
自宅電話は鳴っていても出ない!ということと、新聞は読まない!ということと、洗濯物はたたまない!ということで、たったそれだけのことだから、別に大騒ぎするほどのことでもない。私への用事は携帯へダイレクトにかかるし、ウエブニュースで好きな時に最新の情報がチェックできるし、衣類のたたみ方で文句を言われたくないだけのことなのだ。

こうして吉田家で過ごす時間が増えると、それはつまりネコチャンズと一緒にいる時間が増えているということで、いきおい彼等の毎日の行動に敏感にもなる。彼等は、平均して確実に12時間以上は何処かで寝ている。
起きている時の彼等の行動を見ていると、学ぶべきところも多々あって、今の私は気が付かない間に猫化しているように感じる。
良く云えばマイペース。良く云えば媚びない。良く云えばキレイ好き。良く云えば・・・

IMG_1554_20151207225053318.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2173-53d2a49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08