工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ボクへのご褒美! 

2016/01/09
Sat. 21:21

朝の9時前だっただろうか・・
最近お気に入りの電動歯ブラシでウィンウィン歯磨きをしていたら、玄関の方で何やらおかみさんが嬉しそうに誰かと会話している。
田舎で早朝の訪問はよくあることだから、どうせ近所の誰かが出勤の途中で回覧板でも持ってきたのだろうと、あまり気にもしないで寺の洗面所の天井のカビシミを見ながらウィンウィン続けていたら、ハンコがナンとかカンとかの会話が聞こえてきて、これは何かいつもと違うなと判断して、大急ぎで玄関へ出て見ると、朝も早くからいつもの宅急便のオジサンだった。
「いやに早いですねぇ〜!」とビックリしていたら、「集配所が頓原(万善寺のすぐ近くの隣町)の○○ですから・・・そこからコッチヘ来ると、保賀が一番早いんですがぁ〜」
なるほど、そういう事情かと理解できた。
Amazonの翌日配達もここまでくると驚異的だ。たぶん、石見銀山より早く商品が届いていると思う。末端の配送業者さんの苦労を思うと、なんとなく勝手に恐縮してしまう。

届いたのがDENONのレシーバーアンプ。
暮れから正月にかけての寺暮らしで気持ちが滅入る一方のボクに元気の出るお年玉プレゼントを万善寺住職の方丈さん(・・・とは、自分のことだけど)から送っておいたのだ。
今年のお年玉をもらえる資格は、総合的にみて一番まんべんなく働いているボクしかないと判断した次第。
まわりの連中がナンダカンダ云っても、こればかりは住職の独裁権限で決めてしまったことだから、とにかくそれでおしまいなのだ。

即席三畳書斎に連日こもって寺務三昧も、そろそろストレスの限界が近い。
寺の寺務だけならそれほど夜なべしないでも何とかなるだろうが、それに吉田家のことや彫刻イベント関連のこともあったりするし、おかみさんの相手のことも外せないし・・・まぁとにかく、1日がアッという間に無くなって気がつくと午前0時を過ぎるまで三畳ですごしたりしている。
唯一のお供は、フォステックスのスピーカー直結アンプだったのだが、それでは中古のKENWOODがどうもうまく鳴ってくれない。数年前から憲正さんのお供の寺暮らしで我慢しながら着き合っていたし、もうそろそろグレードアップしてもいいだろうと決めて、Amazonの「レジへ進む」をポチッとしたのが昨日だった。
それで、本日早朝に現物が届いてしまったと云う事になる。
5000円弱のフォステックスより、ナンと1万円も高い!
せいぜい1万円も出せば2倍は良いアンプが買えるだろうと思っていたが甘かった。
山寺の万善寺は自慢でもないがAMもFMも室内アンテナごときではノイズも入らない。だから、別にレシーバーなどいらないのだが、それが安かったというだけの事。
デスクトップの設置台代わりくらいには使えるだろうと思っていたら、それにもならないほど小さいアンプだったが、さすがにフォステックスの数十倍大きかった。
早速配線してiPadからCHARLE PUTHを無線で飛ばしたら、昨日までのピンコードで繋いでいたフォステックスが可哀想になるほどKENWOODが元気に甦った。

IMG_1674_201601092120029d0.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2206-c0b59d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07