FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

台風見舞い・・かな? 

2010/09/08
Wed. 09:42

とても元気な太平洋高気圧のおかげなのか、今年は台風がまだ1ケタ。

雨が降ると雨漏りがするし、風が吹くとモノが飛ぶし、吉田家の営繕をしておかないとマズイなと思いつつ、目先の用事を優先しないとだんだん溜まって身動きが出来なくなることが目に見えているので、「ワイフに悪いことをしているなぁ」と感じつつ、展覧会場のお休みに合わせて一日マッタリとヒキコモリ事務をしようと決心し、まずは左手のおともが必要と、コーヒーメーカーのスイッチを入れ、愛用のマグカップを用意し、ついでにグッピーにおはようの挨拶と朝ご飯をあげて、準備万端、何時でもデスクワークに入れる状態をキープしたところで、ケータイが鳴ってしばらく話して、終ったら自宅電話が鳴ってまたしばらく話して、終ったところにノリちゃんが会場受付の報告に現れて、「丁度コーヒーも入ったところだし、一杯飲んでク?」ということになって、久々に水入らずの積もる話もあっておおいに盛り上がり、気がつくと10時のおやつの時間をとっくに過ぎていて、これはイカンとノリちゃんがそそくさと退散し、やっと仕事に入れるとマグカップ片手に四畳半書斎へ移動し、パソコンのメインスイッチをオンにしたところで我慢しきれずに大きなクシャミが連続3発。
キーボードにコーヒーでもこぼしてしまったら取り返しの付かないことになるので必死でマグカップをかばいつつ、不安定の姿勢はたてなおす余裕もなく、結局モニターの画面いっぱいにヨダレの霧が降りかかり、とてもキレイな虹色の霧粒がキラキラと輝いて一瞬時間が止まった状態。
ひとまず最悪の状態は回避できたものの後始末にエライ時間がかかって結局仕事にとりかかったのがお昼前。その後もしばらくの間モニター画面のアチコチで虹色のスジがチラチラ見えて画像の切り抜き作業がとてもやり難いと思っていたら、マタマタ鼻がムズムズしてきて、気になりだしたらよけいに気になってしかたがなくなって、ゴソゴソと手鏡を探しだしてのぞいて、久々にマジマジと自分の顔を見たことにチョット感動しつつ鼻の穴を良く観察してみたら、鼻毛がやたら伸びていることに気付き、原因はこれかと納得してビクトリノックスを持ち出してプチプチと切っていたら、本当の原因を見つけました。
とんでもなく上へ向かって伸びた一本の口髭が鼻の穴に入り込んでいたのです。
ノリちゃんは吉田の口髭が入った鼻の穴を見ながら話し込んでいたんですね。

そんなこんなのドタバタをしていたら、タイミング良く例のジローキー氏から台風見舞いが届きました。

~「ジローキーの世界その4」~

タイトル:「豊満形影」
撮  影:匿名ジローキー
勝手寸評:
人類起源を思わせる雌雄相対的見解認識の是非が問われるほどの快作である。
あえて評者的解釈を述べさせていただくならば、たまたまもしくはタマタマもしくは玉玉もしくは珠珠もしくは球球の連鎖が凛とした有機体の存在感を支え、健気ささえ感じさせる力強い直線の交差に呼応する緊張感のある曲線もしくは曲面の配置と質量の絶妙なバランスは被写体の内面を鋭く見据える眼力の勝利といえよう。


061.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/231-1426933e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08