工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

水清くして 

2016/04/24
Sun. 22:07

自分では特に忙しいとも思わないで毎日を過ごしているつもりなのだが、やはり、少々無理が続いていたのかも知れない。
週末に入って身体の節々が思うように動かなくなってきたからワイフの按摩器を借りたり、古い肩たたきを引っ張り出したりして使っていたのだが、どうもスッキリと疲れがとれないでいる。

せっかくの日曜日だから、「今日は絶対休むぞ!」と心に誓って、久しぶりにプロジェクターをONにした。
このところYouTubeのチェックも遠ざかっていたので、新作の動画が新鮮だった。
アリアナちゃんのノーメークに近いセクシーな動画や、バニーちゃん仮面で歌うアカペラがあって、思わず「聴き入る」というより「見入って」しまった。何時見てもアリアナちゃんは歌も上手いし可愛い。
いつもだったらスピーカーの音をうるさがるワイフが、何も云わないで見逃してくれたおかげで、気がつくと延々4〜5時間もYouTubeを垂れ流していた。

気のせいか、なんとなく身体が軽くなったふうに感じたので、結界君の燃料補給に出かけた。このところ燃料が少しずつ値上がりしていて、満タンにしたら5000円が消えた。
ついでに近所のホームセンターで水槽を物色していたら、なんの変哲もない大きめの水槽が比較的安くなっていたのでカルキ抜きなどのお魚系グッズと一緒に買ったら、ここでも5000円がフッと消えた。
先日、4月に入って久しぶりに仏事でお経を読む機会があって、西国三十三ヶ所の経本をめくり香をくぐらせながら60枚ばかりの塔婆回向をうなって頂いた1万円が一瞬で小銭に変ってしまった。
この弘法大師尊前塔婆回向のおかげでグッピー家族の水槽をリニューアルできた事になって、それはそれでそれなりの「記念の品」というか「祈念の品」になったわけだ。

朝のうちは今日の終日を久しぶりの休暇で過ごそうと心に決めていたのに、少し休んで少し調子が上向くと、水槽の事が気になってどうもジッとしていられなくなって、結局夕方からグッピーの引っ越し業務にとりかかった。
「水清くして魚棲まず」の如きたとえを都合よく念頭に解釈して、ろくに水槽の掃除もしないままほったらかしにしていたから、バクテリアの繁殖には絶好の環境になっている。
灯油の給油ポンプを使ってパコパコやりながら水を入れ替え、水草や砂や石を洗い、活性炭のろ過器を再生し、カルキ抜きを入れて、バクテリアの繁殖した古い水を少々加えて環境を整えながらグッピーの引っ越しを半分ほどすませたところで日が暮れて夜になった。

このところ万善寺への通勤坊主が慢性化していて、水槽の水を入れ替える余裕がないまま時が過ぎたから久しぶりに透明な水に泳ぐグッピーたちを鑑賞できた。
ふと、老犬のシェパ爺と前後して死んだ銀山川の「アカモチハヤ」を思いだした。あのハヤは、劣悪な環境の吉田家水槽で背骨が曲がるほど歳をとるまで長生きした。
小さな水槽を不器用に泳ぐハヤの姿に、寺で不自由に暮すおかみさんがダブって見えた。

IMG_0517_201604250316130a6.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2314-13b86d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10