工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

色々な出会い 

2016/04/25
Mon. 23:53

現代彫刻小品展がらみの幾つかの書類を清書して、お昼前に石見銀山を出発した。
自宅から浜田までは約1時間ほどかかるから、このまま行けばちょうどお昼休みにぶつかってしまう。貴重なお昼の休憩中にオヤジの用事へつきあってもらうのも職員さんが可哀想な気がしたので、下道をノンビリと走って時間調整をする事にした。
予定通り午後の業務がはじまってすぐくらいに浜田の市役所駐車場へ到着。
市長宛と教育委員会宛の後援依頼をそれぞれ手渡ししてそれぞれ受理してもらった。
これで、受諾通知が来ればいっきに販促原稿を作成して印刷へまわす事になる。

お昼をはさんで移動したものだから、結局昼食が抜きになってしまった。
三度の食事を一食抜いてもメタボオヤジには体力的に何の問題もないが、脳みそが勝手に「腹ヘッタ!」サインを発信しつづけるものだから、その誘惑でオヤジの心が何度かポキッと折れてしまいそうになった。結界君を走らせていると、絶妙のタイミングでラーメン屋があったり、道の駅があったり、コンビニがあったりする。それでも、食欲をグッと我慢して誘惑に耐えながら結界君を走らせていたら、マンマと制服を着たネコに捕まってしまった。通勤時間帯から大きく逸れたお昼のなんでもない時間帯の事だからダレをうらむ事もできない完全なる自分の不注意だった。こうして、毎日のようにアチコチウロウロしていると時々こういう事態に遭遇してしまう。
サインをしながらふと吉田家のネコチャンズを思いだした。きっと今頃あいつらは吉田家の一等地で爆睡していることだろうと思うと、若干イラッとした。
いくらネコ好きの私でも、制服を着たネコは、やはりどうも好きになれない。

江の川沿いを南下して、途中から銀山街道へ合流して飯南高原(いつの間にか「赤来高原」の看板がそれに変っていた)へ向かった。
お檀家さんのおばあさんが「まだかまだか・・」と待っていたお位牌さんを届けた。
山寺の和尚さんは、時々こうしてAmazonの向こうを張って無料配送の宅急便坊主にもなったりするのです。燃料代で身銭を切ったうえに、制服のネコにまでなけなしの1万円を巻上げられて踏んだり蹴ったりの大赤字になってしまった。
少し時間の余裕があったので介護福祉センターへ寄ったら、運良く担当さんがいて、やっと面会することができた。そろそろおかみさんが弱ってきて、ガンコと根性だけでは普通に暮すことも不自由になっているから介護認定の手続きを進めることにした。おかみさんも、普通に素直になればそれなりに手厚い介護サービスが受けられるのに、それを頑なに拒みつづけているから厄介なことだ。色々打ち合わせをして、あとはメールの送受信で連絡をとりあうことに決めた。

気が付けばもう夕方になっていて、自宅の用事も残っているのでので石見銀山へ急いだ。
途中、また猿に出合った。今日の猿は、行儀よく交通ルールを守って車道の右側を歩いていた。その後、いつもはカラスの軍団がたむろしている牧草地へ入ったら、雉の夫婦がヨチヨチと車道を歩いていた。結界君が近づいても飛び立とうともしない。
制服のネコに捕まり、行儀のいい猿や肝の据わった雉の夫婦に遭遇し・・・まぁ、色々な出会いのある1日でありました。

IMG_0505.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2315-79782a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07