工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

連休のネコチャンズ 

2016/05/03
Tue. 20:32

連休後半の朝は強風で明けた。
連日の僧侶暮らしで心身ともにかなり疲れた。
私は、それほどいいかげんなナンチャッテ坊主で暮しているかということを身をもって自覚したことになる。
とにかく、ジッとしていることがどれだけ辛いかということを久しぶりに思いだした。

身体が覚えているのだろうけど、朝早くに一度目覚めてワイフと二言三言しゃべって、そのうちアルバイト中のキーポンが起きる時間になってドタバタのあと、そのまま次の何かを始める気にもなれなくてSNSやウエブニュースを確認しているところまでは記憶にあったが、いつの間にかそれも途絶えて、気がつくと13:30近くになっていた。
もう、老人といってもいい年頃でこんなに正体を無くして爆睡できるとは思っていなかった。私も「こうみえてまだ結構若いのかも知れない!」などと都合よく解釈した。

萩のイベントで彫刻を展示することになっていたのだが、急な仏事が入ったので当初の予定がかなり狂った。当初予定していたワンボックスのレンタルもキャンセルになって、結局ボクのいとしき結界君に活躍してもらうことにした。
彫刻を結界君へ積み込んだりして作業をしていたら、強風に雨が加わりはじめた。暴風雨の中、梱包材変わりに確保している毛布やフトンなどの廃材を使って荷造りを進めた。
小品から中品まで吉田正純の彫刻13点と吉田満寿美の彫刻4点を、あの可愛い結界君へ積み込んだ。我ながら神業としか云えないほどの梱包積み込みになった。
その後、燃料を満タンにして帰宅したら、キーポンがアルバイトから帰っていた。
彼女は、アルバイト先の社員のお姉さんから今夜の夕食を誘われたらしく、間も無くしてイソイソと出かけていった。

世間では春の大型連休だからドォ〜シタコォ〜シタとやたら盛り上がっているが、吉田家に限っては特にこれといって大騒ぎになるようなこともない。
吉田家の場合、私が子供の頃からそういうところがあって普通に日常の暮しの延長で連休の毎日が過ぎていた。我が子の連中もそんなもんだと思って、普通に文句も愚痴も出ることがないまま今に至っている。

強風はおさまりそうにないまま続いていたが、雨の方はそれほどでもなかったので結界君に彫刻が積めるように準備をしていたらクロが脱走した。近所へ悪さをすることもないと私は彼を信頼しているので特に大騒ぎもしないで駐車場の結界君をいじっていたらシロもさり気なく脱走を成功させていた。脱走のプロのクロがいるから大事になることもないだろうが、シロの前身は野良暮らしの経験があるので、ヨソの家でつまみ食いなどされたらかなわない。
人間と猫の共同生活が難しいというところがそのあたりにある。お互いを尊重し信頼しておかないと、無駄に厳しくしつけたり無駄に緊張して卑屈になったりして日常の暮しに亀裂が生じる。今のところ、吉田家のネコチャンズは特に大きな反抗も抵抗もなく今に至っている。さて、それが彼等にとって幸せなことなのかねえ・・・

IMG_0523_20160503203132222.jpg
IMG_1833.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2323-45db8a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06