工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

衣替え 

2016/05/31
Tue. 23:55

日本禅宗三派の一つ臨済宗の大般若会に手間替え随喜をしてきた。
島根県の県境近くには臨済宗も曹洞宗も寺院が少ないから、お互いに各種法要で宗派を越えて近所の寺と付き合いながら急場をしのいでやりくりしている。

手間替えというと、私が少年の頃は普通にダレでもがお互い家族ぐるみで助け合って一つ仕事を回していた。
田植えの時や稲刈りの時もそうだし、山の下草を刈ったり杉の苗木を植林したりする時も集落みんなで助け合って出かけていた。冠婚葬祭も集落が集まって取り仕切った。もちろん、氏神様の祭りもそうだし、寺の行事も集落でまかない焚きだしを助けてもらっていた。
今から思うと、あの頃は信じられないほどの結束力で集落全体が活性していた。

日本の高度経済成長期を境に全て機械化や業界産業の事業化がどんどん進んで、そういう手間替えもいつの頃からか無くなっていった。田舎からは人口の流出が止まらなくなって、核家族化が進み、やがて高齢者だけが田舎に取り残された。
現在の万善寺周辺がそういう状態で、やがて近い将来限界集落になって地域から人間の営みが消えていく日が来るだろう。

そういう現状で、今日随喜した寺はお檀家さんが結束して昔ながらの宗教行事をきちんと守り続けていらっしゃる。まぁ、万善寺とはくらべものにならないほど寺の規模も大きいし、歴史も古い寺だから当然の事だろうけど、それでもよく宗教行事をもり立てていらっしゃる。
今年も例年と変わりなく、お斎の茶飯や精進料理をふるまっていただいた。

宗門では今日を境に衣替えとなる。
白衣や襦袢といっしょに改良衣を洗濯して、明日からは9月いっぱい夏仕様に切り替える。
帰宅して衣を洗いにだしていつものスタイルに着替えている間中、吉田家のネコチャンズがうるさく足元に絡みついていた。見ると、猫メシが空になっている。
しばらくカリカリと盛大に乾いた音が響いていたが、満腹で一段落したら今度は外へ出せと催促でフギャフギャ甘え鳴きを始めた。ネコチャンズにリードをつけて玄関先へ出してやってから、部屋の床に散乱している抜け毛をクイックルワーパーでからめ捕った。
人間の衣替えのようなもので、このところ彼等の抜け毛が半端なく激しい。毎日ブラッシングをくり返しているから、その抜け毛を集めたらマフラーが一つくらい編めるかも知れない。ワイフにそう言ったら鼻で笑われた。

動物は実に良い具合に季節や環境にの変化に順応している。
臨済宗は5月15日と10月15日が衣替えの日になっているのだそうだ。見た目で決めるのか、月々の節目で決めるのか、とにかく暑さ冷むさでアバウトには対応していないようだ。
人間の暮しは、何処かしらかたっくるしいところがある。
坊主の世界では、いまだに古き良き手間替えシステムも残っているからそれはそれで良いことだと思うけど、こうして見た目にこだわる俗っぽい様式も残っているのが面白いね。

IMG_0638_2016060102053238c.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2350-665083d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10