工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ふぇ~ばら 

2016/06/13
Mon. 22:02

憲正さんの一周忌が近いので最近寺暮らしが続いているが、完全に単純に坊主家業だけで毎日を暮らすわけにもいかなくて、現代彫刻小品展をはじめとしてそこそこさまざまに入ってくる用事も結構あって落ち着かない。
そういうこともあって結界君に二重三重の暮らし分の荷物を積み込んで移動しているわけだが、時々大事なものの積み込みを忘れてしまっていたり、コリャァまずいらないだろうというものが急に必要になったりしてなかなかややこしい。

万善寺は朝から雨で・・・と云うより昨夜から結構激しい雨が降り続いていたので、今日の外仕事は全て休むことにした。自堕落オヤジは、一瞬「このままゴロゴロ一日中寝てようか!」とも思ったが、さすがに良心が勝って踏みとどまった。
大事な忘れ物もあったので、今回随喜でお願いした方丈さんへ略式の差定を作文して持っていったり、書き上がっている塔婆を受け取りにいったりしながら石見銀山へ向かった。

吉田家には珍しくワイフが居た。
「居上さんから彫刻届いてるわよ!」
これで彫刻3点ゲットできた。

脱走常習犯のクロがさりげなく土間でウロウロしている。
これから小品彫刻が宅配で頻繁に届くことになる。さて、クロの脱走をいかにして阻止するか・・また、無い知恵をしぼらなければいけない。
ひとまずリードをつけて吉田家の玄関先まで出してやった。
クロはまるで犬のような雰囲気を醸し出しつつ番犬ならぬ番猫におさまっている。
ワイフの手造り昼食「うどんカルボナーラ」をぱくついていたら、玄関先でクロがしきりに鳴いている。
何かあったかとのぞいてみたら、「チッチッチッチ!」と鋭くセキレイがが鳴いている。
セキレイはクロのリードのギリギリの所までやってきてクロをオチョクって鳴いている。
それでそれこそ、手も足も出せないクロがイライラしながら鳴いている。
だいたいに、セキレイは人なつっこいから、ヒョッとしたらクロと遊びたがっているのかもしれない。

忘れ物を結界君へ積み込んで吉田家を出たら燃料があとわずかしか無いことに気付いた。万善寺とは逆方向になるが仕方が無いから比較的安い給油所へ向かった。
まだ陽も高いし、ふと思いついて憲正さんが元気に通院していた(というのも何かおかしなことだけど・・・)頃に使っていた幾つかの道中を久しぶりに走ってみることにした。
病院を転院してからは通ることもなくて、もうずいぶん前のことだから風景を思い出しながら走っていると、この数年で拡幅工事がずいぶん進んで至る所で昔の道が何処かに消えてしまっていた。
あの頃あった木造の小学校はもう無くなっていて、跡地が公園になっていた。
「稗原」と云う土地は出雲弁で「ふぇ~ばら」という。憲正さんのルーツはその土地から始まっている。

IMG_0625_20160613215922286.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2364-b40caf72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10