工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

さいわい 

2016/06/30
Thu. 15:52

ボクのかわいいMacBookが調子悪くなって久しい。
今は、キーポンが学業で使っているMacBookAirをかりて急場をしのいでいるが、彼女の方も実習の報告などで忙しくなるだろうし、前期の試験が入りはじめたりするだろうし、このまま借り続けるわけにもいかなくなってくる。
一番良いのは早くに修理へ出せばいいのだが、それで今までのデータが無くなってしまうとそれこそ大変なことになるので、とにかく、今は諸々の用事の合間を使って虹のグルグルをだましだまし外付けのHDへ移動しているところだ。
まさか、よりによってデスクワークが重なって忙しくなったところでこんなことになろうとは思ってもいなかった。
不幸中の幸いと云うか、デスクトップと違って気楽に持ち運べるので、行く先々に二機のラップトップを持って移動しておけばそれだけでも少しは気休めにもなるしデータの移行作業も地道に進めることが出きる。それで、昨夜も万善寺の三畳でコツコツとそんなことをしていたのだが、やっぱり、どう考えても面倒臭いばかりのことでなかなか集中して仕事がはかどらない。気がついたら事務イスに座ったままひっくり返って爆睡していた。

早朝、まだ早い時間にけたたましくiPhoneが鳴った。
時間を見るとまだ6時半。
早朝や深夜の電話は、そのほとんどが良いことでかかることがない。
案の定、お檀家さんからで高齢の実父が亡くなったと云う知らせだった。
前日のおかみさん通院のお供で一日を潰して、その夜は興奮気味のおかみさんへ付き合って、合間をぬって移行作業をして、全く充実感の無いまま寺暮らしを続けていたが、かえってそれが幸いして、枕経もすぐに出かけることができたしお檀家さんへの対応も早くに進んで葬儀までのスケジュールが楽に決まった。

午後からは電気屋さんがエアコンの更新に来てくれることになっていて、それを待ちつつ移行作業を続けていたら、空気の読めないおかみさんが自分の都合でとにかくチョコチョコとちょっかいを出してくる。それでなくてもなかなか集中できないでイライラしているところでさすがに我慢も限界に達した。自分でも気分が滅入るほど大声を出して叱りつけてしまうが、当の本人はプルッとして動じる気配もない。
こういう試練がいったい何時まで続くのだろう・・・お互いにイヤな思いをしながら、それでも付かず離れず一緒にいなければいけないというストレスは自分の精神状態に重たく影響している。
たぶんおかみさん本人は、私ほど深刻に鬱々と思い悩んでいるわけでもないのだろう。自分からヤブをつついたり地雷を踏んだりしてもそこまでして息子とコミュニケーションをとりたがっているのだろう。
そういう時の一波乱が納まると、また数時間後には同じような行為をくり返してくる。
自分の世界に閉じこもって、好き嫌いもハッキリして、我慢することもしないで周囲に毒を吐きながら、それをエネルギーにして元気をキーブできて暮すことも、考えようによっては、本人にとって有る意味で幸せなことなのかも知れない。
最近、胃がシクシク痛むのはまんざら酒の飲み過ぎのせいだけでもなさそうだ。

IMG_0675.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2379-c4cb387e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06