工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

新妻なっちゃん 

2016/07/04
Mon. 16:59

石見銀山から万善寺のある飯南高原一帯は、断続的に続く猛烈な豪雨で川の水位が上昇している。眼前の用事で手一杯で島根県の東部や西部がどうなのかよく分からないが、とにかく私の行動している地域は各所で雨の被害が出ている。

湿度も高くて蒸し暑くて、何もしないでじっとしているだけで身体中が湿っぽくベタついている。そのせいなのだろうか、数年前に怪我をした足首の古傷が疼き、それをかばいながら坊主仕事をしていたら今度は膝の調子が悪くなり、それをかばいながら草刈機を振り回していたら腰に負担がかかってしまったようで、今日になってこうしてデスクワークをしているだけで、腰から下のいたるところがとめどなくシクシクと痛い。
なんとも言えない壊れかけのサイボーグのような動きで吉田家をウロウロしていたら、「すぐに病院へ行きなさい!」とワイフが怒り出す。彼女としては、私のそういう様子を近くで見続けているのが目障りらしい。

もう10年位前からこういう身体の不調が時々あって、その頃は自分でも辛いし原因がわからなくて心配だからよく病院へ通っていたものだが、こうして10年も同じような症状が繰り返されると、自分の肉体の老化も原因の一つだろうと思えるようになってきた。本当に我慢できない時に病院へ行っていろいろとドクターに症状を訴えると、だいたい決まって、「せめて1週間くらいは無理をしないで安静にしておかないと、そのうちこじらせて慢性化しますよ」などと脅されて、湿布の貼り薬と鎮痛剤の錠剤と胃薬が出される。普通に暮らしていて、1週間も安静にしていられるはずもなく、結局は無理に無理を重ねてそういう悪循環が繰り返されながら死ぬまで続くことになるのだろう。

そういうあまり調子の良くない状態の時に、嫁に行ったなっちゃん夫婦がご両親と一緒に吉田家を訪問してくれた。
ご両親は川口に在住で、衣料関係の染めプリントをなりわいにしていらっしゃるようだ。
細切れの情報をまとめてみると、のっちが通っていた高校の部活のユニホームを作っていたり、あの世界のイチローさんの日替わりTシャツを染めていたりとなかなかクリエイティブな仕事をしていらっしゃるらしい。縁というものは面白いもので、なっちゃんが学生の頃は染織の勉強をしていたし、その縁もあって今はアパレル関係の会社で営業をしているし、私が学生だった頃は、まだバブルがはじける前の好景気に浮かれていて、何か目先の変わったものを造ればだいたい売れていたから、川口の鋳物屋さんへずいぶんお世話になって、少しばかり儲けさせてもらっていた。結局は、それが全て酒と○○○に消えていたけどね。
そうそう、それになっちゃんの旦那は、ウエブ広告の営業をしていて、いろいろなバカでかい総合商社へも出向しているようだ。まぁ、大きくくくると、それもクリエイティブな仕事と言えなくもないし、営業マンでもあるから適当にオヤジのつまらない話に都合よく付き合って盛り上げてくれるし、なかなかの好青年である。
唯一、吉田家の常識であり良心であるなっちゃんの旦那として申し分のない人物だと、今は思っている。
「今は、キューポラも無くなっちゃって・・・」
奥さんが寂しそうにおっしゃっていた。川口を心底愛していらっしゃるんだろうなぁ・・

なっちゃんも川口で新居を見つけて先日ご両親の近所へ引っ越した。

IMG_0822.jpg
IMG_0824.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2384-70b9e04a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10