工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

現代彫刻小品展 なにがでるかなワークショップ 

2016/07/24
Sun. 22:22

会場の受付をしながらワークショップの準備をしていたら、フラリと入ってきたご婦人がいやに熱心に彫刻の一つ一つを見て歩いているので声をかけた。
自分で言うのもどうかと思うが、そのあたりの絶妙の呼吸が彫刻の壁を下げる要素のポイントの落とし所だと思っていて、やはり彫刻の認知を広めるためには営業に繋がるかもしれないその程度のことに積極的に対応できる程の仕事は出来て当たり前だと思っている。
作家それぞれの価値観の問題だから全て正しい行いだと限定できるわけでもないが、日頃からヌルくヌルく毎日を過ごしている吉田としては、年に何回かは積極的に彫刻展の営業をすることも大事だなと思っていて色々手を変え品を変えて乗り切っているわけだ。
それで声をかけると、あのご婦人やっぱり「待ってました」と日頃の思いが一気に吹き出した感じで話が耐えなくなった。
要約すると、ご婦人曰く、こんな素晴らしくレベルの高い展覧会なのに地元に暮らす私はまったく知らないまま過ぎてしまった。もっと積極的に地域に広報すべきではないか・・・というようなことだった。主催者としては耳の痛いところでもあるが、それはそれなりに毎日何もしないで怠慢に過ぎているわけでもない。変に食いついて波風がたつと色々ややこしいことになるので時を見計らって話題を変えることなどしょっちゅうの事だが、そこには、はじめから自分の世界と世間にズレが生じてしまって何かと協調できない最後の落とし所のようなものが暗黙のうちに緩やかに用意されていて、みんなそれなりにそんなもんだと納得してもらっているようなところも無いわけでもない。

今回の展示期間最後のワークショップが始まって終わった。
後半のワークショップは合計57人の性別年齢を問わない参加があった。
主催者としては(というより、オヤジとしては・・)回転率を上げて小銭稼ぎに集中するか、造形の旨味に反応してじっくり気の済むまで制作に集中出来るか・・・というそのあたりに講師もお客さんも共通の納得できるワークショップのネタを仕入れるか・・・まぁ、講師はそのくらいのストレスを持った働きはしてほしいな・・・などと、黒田の時は黒田を思い浮かべながら黒田しかない!と、そう思った(????)って、わかんねぇ〜だろぉなぁ〜・・・(注:黒田ー広島)
まぁ、坊主のはしくれとしては、制作中の時々に人の心を引き付ける話題がそれなりに網羅されていたなと思ったくらいであまり大きな完成の感動を共有するまでに至らなかったが、参加者のそれぞれはまぁまぁ満足していただいたようだ。

例年のように予算枠の中で諸々の外せなくて割愛できない作業が進むということもあって、搬出のドタバタもそんな感じ・・・で、この現代彫刻小品展に労を提供いただく県内彫刻家諸氏の皆様・・・とても助かります!
島根県内ごときでも、確実に彫刻好きな何処かの誰かとすれ違っている作家繋がりな現実の緩やかな拘束に我が身を積極的にゆだねなければいけないと感じつつ、彫刻発表を細分化して次の巡業展(巡回展)に出かける下準備をしている今日この頃であります。

IMG_2044.jpg
IMG_2035_201607242307121b6.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2403-7c266733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06