工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

現代彫刻小品展 浜田展報告 

2016/07/25
Mon. 22:20

2016現代彫刻小品展in浜田が本日で終了した。
総入場者数522人。
ワークショップ参加171人。
以上の結果となりました。

総括すると、彫刻の出品者は増えたものの、一人1点が多く、作品の出品点数は少なかった・・・という感じで、出品点数59点、出品者数48名、触れる彫刻は10点であった。
会期が夏休みに入って最初の土日から始まった関係からか、島根県内各地でさまざまなイベントが開催されていた。子供も親もさぞかし忙しかったことだろう。
会期中の天候は良好で・・というより良好すぎて、一日も雨がふることがなかった。浜田ではすでに5年ほど開催しているが、会期中に雨が降らなかったのは今回がはじめてのことだ。美術館はどちらかと言うと天気が悪いと入場が増えたりする。公園の中にあるとか近くにあるような美術館は特にそういう傾向が強いように思う。
宣伝不足もあるだろうが、美術館への入場そのものも少なかったから、それが今年の傾向であったのかもしれない。

また、島根県内からの展覧会出品者が減った。それに、県内や近県で彫刻を出品しただけで会期中に会場へ現れなかった作家もあった。他のグループ展や個人の展覧会などの行事と重なってしまったような話も漏れ聞こえてきた。精力的に活動することはいいことだし、彫刻展への帰属意識も緩やかな集まりの会だからそれはそれで特にどうこう批判めいた事も無いが、出品作家の個々人においては、現代彫刻小品展に対しての温度差がありすぎるのも仕事の量が不均等だったり集客の告知がずさんだったりして、タップリと汗をかいてきた作家から見ると釈然としないわだかまりのようなものが残ってしまったのかもしれない。私自身は特にそういうことは気にすることも無いでいるが、過去にはそういう負担の過不足が気になって出品を控えた作家もいた。このあたりの共通理解を得るということはなかなか難しいことで、どちらかと言えばそういうことに労力を消費するより、ひたすら地道にコツコツ眼前の事実へ向き合って乗り切る方を選んでしまう。

吉田家の家庭事情を云えば、今年は例年に無く、いや、例年以上にワイフが親身に働いて手伝ってくれた。毎年のことだからそれなりに色々な場面でワタシを助けてくれていることに変わりないが、今年は特に彼女に助けられたことが多かった。
コアなメンバーで私の支えになっているのは彫刻家では周藤さんにノリちゃんだろう。他にも今年は松田さんや松本さんも受付を手伝ってくれた。浜田在住の河島くんにも彼のお母さんにも毎年受付で助けられている。数年前に生まれた男の子が毎年1年に1度見るたびに大きくなって河島くんそっくりになっていたが、今年は残念ながら息子さんに合う機会を逸してしまった。
最終日の今日はノリちゃんが二人の子供を連れて片付けの応援をしてくれた。二人ともしばらく見ない間にずいぶん大きくなってしっかりしてびっくりした。私が年をとるはずだと、こういう場面になると実感する。

明日は朝から会場撤収と搬出移動がある。もうひと踏ん張りだ!

IMG_2894_201607252218426c6.jpg
IMG_1727_20160725221839868.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2405-1e585248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09