工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

みんな老朽化 

2016/07/28
Thu. 19:27

ボクの結界くんが重症です・・・
本日午前中にドック入りして、精密検査の結果、排気系装置が風前の灯火状態であると判明。パーツすべてを完全リニューアルすることになりました・・・〆て総額16万円也!
これはかなり厳しい!・・・といっても、結界くん2号に更新することもままならず・・・夏のお盆務めのお布施がそのまま結界くん修理代に横滑りすることになった。
なかなかの試練であるが、振り返って反省するに、あれだけハードに使い倒していたら仕方も無いだろうと自業自得で飲み込むしか無い。4年間で10万キロ走った計算になるし、その間、特に故障も不具合も無くよく頑張ってくれた方だと思う。

しばらく前に絶不調だったボクのラップトップくんは、あれから外付けのHDへセッセとデータを移動し、本体の負担を軽くして急場をしのいでいるが、そうこうしているうちに少しずつ動きが軽くなってきたように感じて、最近は、ワタシ自身の慣れも加わってソコソコまともに動いてくれるようになった。それでも、システム終了して次に起動する時は、当分の間虹のグルグルが回りっぱなしでいて、そのまま当たらず触らず5分位放置しておくことになる。インターネットの接続も何処かしらギクシャクしたままだし、とにかく、今の現代彫刻小品展絡みの仕事が一段落したら全てを消去して再インストールでもしてみようかと思う。もう、カレコレ5年ほどは使い倒して減価償却も1円までになっているから、そろそろ無理が効かなくなっているのかもしれない。

デスクトップとにらめっこしながらほぼ一日中四畳半にこもって奥出雲の現代彫刻小品展開催に向けて準備事務を続けた。
関係各所へデータの送信などして概ねメドが立ったので代車のMOVEへ荷物を積み込んで飯南高原へ向かった。
これから当分の間、万善寺を拠点に行動することになる。
吉田家四畳半のデスクトップでないと出来ない仕事も幾つかあるから、石見銀山との往復でなんとも無駄な労力を使うことになるがこれもしかたがないことと割り切るしかない。
寺の3畳は寺務所で使うとして、ロフトの方を寝室兼用の彫刻展がらみの事務所にして仕事を振り分けることにした。

晴耕雨読の日々を過ごすことが出来れば、それがシンプルで都合のいいことはわかるものの、なかなかそう上手く事が運ばない。昼に肉体労働で汗をかき、夜にデスクワークで脳みそを動かし、少しばかりの睡眠をとって、それを繰り返す。
自分が昼型人間なのか夜型人間なのかワケがわからないところもあるが、10年ほど前にフリーターオヤジになるまでは、5時から男で乗り切っていて、お昼の愛妻弁当を食べた後には上司や同僚の目を盗んでだいたいコンスタントにトータル3時間程度の昼寝をむさぼっていた。勤務時間終了が近づくとしだいに脳みそが活性し彫刻的思考にシフトする。それから30分でも1時間でも、何かしら工具や鉄材に触っていると気持ちが安らいで夕食の一杯が身にしみる。あの頃はそれほど忙しいとも思わないで毎日を過ごしていた。今もそんなに忙しいわけでもないが、なんとなく気ぜわしい。
やはり、自分はどちらかというと夜型人間の方なのだろう。

2016奥出雲ポスター・チラシ印刷原稿 (1)
2016奥出雲チラシ裏印刷

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2408-391e4b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06