工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

とみやまものづくり教室始動! 

2016/09/14
Wed. 23:54

今度の連休は台風の影響がでそうだ。万善寺では法事があるし、彫刻を徳島まで搬入しようと思っていたし、なかなか厳しい連休になりそうなきがする。

このところ雨が降り続いていたから、吉田の青空工房が開店休業状態だった。
大きな鉄板から彫刻のパーツを裁断してしまえば、あとは工場の変形6畳へ持ち込んで溶接をしたり出来るのだが、雨のおかげで制作の最初の工程がなかなか進まなかった。
それでもこの2日間は比較的順調に仕事がはかどった。長い間の坊主家業で鈍っていた筋肉が少しずつ動き始めて彫刻家の身体に戻りつつある。

奥出雲の現代彫刻小品展が終わってしばらくして、いつものように工場へ出かける時に吉田家のポストを覗いてみたら、今年のとみやまでの「ものづくり教室」の企画を申請していた助成金の通知が届いていた。
封を切るまでは採択されているかどうかもわからないから、久しぶりに心が騒いだ。
玄関先で無理矢理指を使って封筒を破りちぎって中身を確認したら、減額されたものの事業の採択がされて助成金を使うことが可能になった。これで本格的に事業が動き始める。
本当はなんとかして自己資金でこういう企画を運営していけたら良いのだが、そこまでの裁量が私にあるわけもなく、いつもいつも助成金に頼って自転車操業ばかりしているが、とにかく、もう10年近くこうして島根県内で彫刻絡みの企画を実践させてもらっているだけでもありがたいことだと思っている。

最近、日暮れが早くなった。
雨が降って雲が広がっている日が多かったからそれでだろうと思っていたが、この2・3日の夕日を見ると、世間は確実に秋にかわっている。
夕方、いつもより早めに仕事を切り上げて助成金の報告も兼ねて工場から富山へ向かった。
まちづくりセンターの職員さんと事務連絡をすませて旧富山小学校の昇降口へまわると、広場のインターロッキングは夏の間に伸びた雑草がはびこって廃墟のごとくみすぼらしく見える。これから暇を作って校舎周辺の営繕作業をしなければいけないかもしれない。
教室個展の作家へは、すでに見切り発車で会場使用を許可しているから、夏の間に少しずつ作品搬入を済ませている教室もある。すでに彫刻の展示台などの什器搬入は済ませてあって、これから時期を見て会場設営を続けることになる。
学校の業況を確認してから、昨年設置した野外彫刻の周辺を草刈りした。
草刈りは、これで今年になって3回目になる。
万善寺の斜面ばかりの境内地と比べると、楽に草刈りが出来る。それに、地元の地権者の方や、彫刻を設置してある近所の方がマメにサイサイ草刈りをしてくれているからとても助かっている。聞くところによると、彫刻を置かせてもらったことで、そのあたりの住民の皆さんの地域環境への意識が少し変わってきたとゆうことだ。休耕田や耕作放棄地の有効活用とか、景観保全の活動も町の経費として予算立てする方向で決まったような話だ。
誰かが何かしなければいけないということはわかっていても、それを実行に移すとなると障害も多くて身体も重くなって動きも鈍る。
ささやかな彫刻イベントが少しでも富山の活気につながればいいと思う。

IMG_0950.jpg
IMG_0961_20160915040452a9d.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2455-1470ab3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08