工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

お地蔵さんのご縁日 

2016/09/24
Sat. 22:12

オン カカカ ビサンマエイ ソワカ(Aum ha ha ha vismaye svaahaa)
オン カカカ ビサンマエイ ソワカ(Aum ha ha ha vismaye svaahaa)
オン カカカ ビサンマエイ ソワカ(Aum ha ha ha vismaye svaahaa)

注:wikipediaより、勝手にコピペしてしまいました。ごめんなさい

万善寺的に訛ったご真言だと
オン カァカァ カビサンマァエイ ソワカ
オン カァカァ カビサンマァエイ ソワカ
オン カァカァ カビサンマァエイ ソワカ・・・・・
と、こうなる。

工場の彫刻制作を午前中で切り上げて万善寺へ・・・
お地蔵さん周辺の草刈りをして、しきび(しきみともいうらしいが・・・・)をお供えして、駐車場の草刈りもして、本堂の掃除をしてナドナド・・・・
とにかく、いろいろとありまして3畳の何時もの書斎へ落ち着いたのが16:30!
それから、お地蔵さんの吉祥塔婆に守護印を押したりしていたら早速昼のうちのお参りがあってできたてホヤホヤを4枚ほどことづけた。

そうこうしているうちにワイフが万善寺へ到着。
お茶口に、カボチャとレンコンとオクラとナシを一皿ずつ用意してくれて、まだ陽の明るさが残っているうちに早々と退散。

シャツとパンツでウロウロから着物を着て地蔵法要の本番を待っていたら、三々五々お参りが続いて、10人チョット。
昼のうちは30℃近い残暑になって、夕方からはいい感じの秋空が広がっていたから、それでいつもよりお参りが多かったのかもしれない。
例の如く、場の読めない・・・というより、場を読まないおかみさんが、何かにつけて暴走して住職の仏事を掻き混ぜられたが、かろうじて理性を駆使して踏みとどまって法要を終了した。
終わってから後のお茶会は、何時になく方丈さん(私の事!)の博識ぶりが発揮されて、お参りの皆さん、「はぁ〜〜」とか、「ほぉ〜〜」とか、「へぇ〜〜」とか、自分的にはなかなかいい感じで、そのうえ、ワイフの手料理も絶好調で、大好評で、おかみさんの憤懣も最高潮に達した頃、おひらきとなった。

約2時間の夜の法要が終わって、3畳に落ち着いて一杯やっていたら、電話の着信に気付いた。
300字の原稿の催促だった。彫刻制作と、お地蔵さんの法要でコロッと忘れていた。
最近、急に物忘れがひどくなった気がする。歳のせいか、慌ただしすぎるのか、又は例のヤマイの前触れかもしれない・・

IMG_0991_20160924221120dbc.jpg
IMG_2279.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2465-2624bfdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10