工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

彫刻の秋 

2016/09/30
Fri. 22:40

ほんとうに雨の多い9月だった。自分の人生でここまで雨ばかりの9月は覚えがない。
自分にとって、9月は1年のうちで1・2を争うほど重要な1ヶ月になっている。
お盆が終わってギリギリまで万善寺の寺務を引っ張って、限界の日程を調整して彫刻の制作に入るという、気持ちの切り替えがとても難しい1ヶ月でもある。

奥出雲の彫刻展のこともあったりして、まだ、8月の流れで気持ちの切り替えがうまくいかないでもたついていた頃、具象の彫刻家から今年の秋の六本木は彫刻が出品できそうもないという内容の電話が入った。
詳しくは話もしないし聞きもしなかったからわからないが、とにかく体調不良が長引いてしまって彫刻を造る気持ちになれないということだった。長い人生、誰にでもたまにはそういうこともあるだろうから、私としてはだからどうこうと意見らしきものもないまま、心を込めて「おだいじに・・ね♡」と云っておいた。

鳥取の倉吉在住で、すでに90歳を越える老彫刻家が今年の六本木は出品できないことになった。右か左かどちらかの肩か肘か、どこかそのあたりを脱臼して腕が動かないことになってしまったらしい。もうかなりの高齢だし、若い頃のように身体の無理も効かないから、まずは自分の健康を大事にしたほうがいい。こうして、1年のあいだに何かしら色んな出来事があってそういうことと上手に付き合いながらコツコツと何十年も制作を続けているわけだから、やはりいずれは自分の肉体の限界が見えてくるときもあるだろう。十分に静養して心身ともに鋭気を養って次の一作を目指して欲しい。

島根搬入の前日になってすでにベテランの域に達しているはずの木彫作家から「今年は彫刻出品できません・・」と、不出品の連絡が入った・・・という知らせが搬入出の業務担当経由で入った。
秋の彫刻展出品で特に私がすべてを仕切っているわけでもないつもりでいるのに、何故かそれぞれの都合伺いが回ってきて、それなりに了解しながら善後策を決定したりしているところもある。
島根県に限れば作家歴は長い方だから、それで頼られていたりするのかもしれないが、そうであるなら直接吉田宛に不出品の意向を伝えれば済むことだと思ってしまったりもする。

今年の夏はやたらと暑くて、私もいいかげんヨレヨレでかなりバテた。よっぽど体調管理を上手にしておかいないと身体の不具合も出てくるだろうし、そのことで彫刻制作の気持ちも萎えることだって十分考えられることだ。
暑ければ暑いなりに「そんなもんだ」と思えば、自分の心身もそれなりに気楽に周辺の環境へ慣れてくれる・・・と、私はそう信じて日々の日常を過ごしている。9月の雨も、絶え間なくやってくる台風も、それはそれで避けて通ることが出来ないことに一喜一憂してもしょうがないことだ。いつもだったら、雨のやみ間を見計らって青空工房をやりくりしていたが、さすがに今年はそれも難しかった。それでもそれなりにそれなりの大きさの彫刻にはなったからそれでいいや!・・・って、大きいから良いわけでもないけどね。
彫刻を造ることだって、やっぱり最後は「気合だ!」でノリキッてるな、オレは・・・

IMG_1011_20160930234127b18.jpg
IMG_1013_201609302340583c8.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2470-8fbfa012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10