工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

とみやま彫刻フィールドアートワークのお知らせ 

2016/10/08
Sat. 22:21

石見銀山は冷たい雨が激しく降っている・・・って、ほんとうに冷たいかどうかわからないけどね??
何せ、現在私は半袖Tシャツ一枚にパンツ一丁というスタイルで、キーボードをプチプチ叩いているのです。
まったく、すでに10月も1週間を過ぎたというのにいまだに扇風機を回しているのだ。

午前中は、キリスト教高校へ雪駄スタイルで出かけた。
美術の授業らしきことをしているのだが、生徒たちは喜んでいるのかつまらないのか、どうもよくわからない。10月から後期に入って履修も変わるらしいが、ひとまず前期に選択していた男子2名がそのまま引き続いて残っていたから、吉田の人気も全く無いわけではなさそうだ。
日当は◯◯◯円ほど出る。だから一ヶ月に二日ほどは少し贅沢な昼ご飯をすることにしていて、今日はワイフもいないしとみやま彫刻フィールドアートワークのデスクワークも残っているから、思い切って国道沿いの食堂へ入ってカツ丼を注文した。9月に入って彫刻の制作で工場通いが続いて、三度の食事も変則的になって食べたり食べなかったりしていたら、胃袋が少しずつ小さくなってしまったようで、どんぶり一杯のご飯を食べると動くのが辛くなるほど満腹になった。身体にとっていいことなのかどうなのか良く分からないが、全く痩せる気配もなくて体重も減らないから、食が細っても栄養だけはそれなりに吸収できているようだ。

先ほど、遅れに遅れていた広報ポスターやチラシの原稿がやっとカタチになった。
いつもの印刷屋さんへメール添付にして原稿を送っておいた。来週になったらオペレーターのお兄さんが吉田のいい加減な原稿をせっせと手直ししてきちんとした印刷原稿に置き換えてくれるはずだ。
これからシャワーして一眠りして、ワイフの車で東京へ向かう。
高速料金と車の燃料代とボクとワイフの燃料代で、結局高速バス料金の2倍以上の出費になるが、ワイフの実家へのお土産や、その他もろもろと、あまり気にすることもなく荷物をいっぱい積めるし時間の拘束も無いから、それはそれで気楽な旅になりそうだ。
旅のお供の音楽は、最近のクラウド事情でずいぶんストレスが無くなった。問題は活字媒体の方だが、今のところ、群さんのエッセイと半村さんの小説の2冊くらいをカバンへ入れておこうと思っている。
毎年この時期は旅の空がほとんどで、一月の半分も島根県にいない。自宅でのんびりゴロゴロしているよりはずっと神経も疲れるし、肉体疲労もたまるから、体調の管理は慎重にしないといけない。歳もそれなりにとってきたしこれからの数日は無理をしないようにゆっくりと行動しよう。
日曜日の夜にはワイフの実家に到着するはずだ。それから六本木の彫刻展示があって、彫刻部の懇親会もある。周藤さんが会員になって初めての年だから、懇親会を欠席するわけにもいかないだろう。
ワイフには、絵画と合同のオープニングで仕事が割り当てられているようだ。
私は気楽なもんだから、ノッチでも誘って夜の居酒屋へ繰り出そうと思っている。

2016とみやまチラシ (1)
2016とみやまチラシ裏

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2477-ccd14eb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08