工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

そろそろ終了・・旅の空 

2016/10/18
Tue. 23:50

少し前のことになるが、東京帰りにとみやま関連の印刷物を受け取ってから、ワイフを石見銀山の自宅へ送り届けて、そのまま島根の西へ走った。
久しぶりに浜田世界こども美術館へおじゃまして、ポスターの掲示をお願いしてチラシも少しほど預けておいた。館長さんはあいにく留守だったが、こども美術館とはもうかれこれ5年以上の付き合いになるから職員のみなさんも私の顔を覚えてくれていて話が早い。

島根から共同搬入で彫刻を出品したノリちゃんが、二紀会の準会員に推挙された。その授賞式が週末にあって東京の六本木まで出かけることになるから、出来上がったチラシを彫刻関係者へ手渡してもらおうと彼女に連絡したら、都合よくその日は浜田に行っていて、帰りの何処か都合のいところで待ち合わせすることにした。

江津で暮らしている根付彫刻作家の田中さんには今年もワークショップでお世話になるから、そちらへもポスターなどを届けておいた。彼は、この時期展覧会の関係で東京へ出かけているはずだと思いつつ訪問したら、案の定、自宅兼工房はシッカリ施錠されていた。ポストに投げ込んでおいたら、きっと気がついてくれるだろうからそうしておいた。

江津というと、今年の春からお世話になっているキリスト教系の高校があるので、そちらへの用事も兼ねてとみやまの宣伝営業をしておいた。事務のお姉さんや美術担当の先生と立ち話をしていたら校長先生も現れたので、改めて訪問の趣旨を伝えておいた。

大田市内へ帰ってから地元のケーブルテレビさんへもポスター掲示や告知放送の依頼をしておいた。まぁ、そんな感じで半日ほどあちこちうろついて帰宅すると旅の疲れがドット出てきた。外交の間はそれなりに緊張感も持続しているが、やはり身体のアチコチに旅の疲れが溜まっているようで、気持ちの緊張感が取れると肉体の疲労が具体的な痛みになって現れてくる。

だいたいに、毎年10月はあわただしく過ぎていくが、今年はとにかくやたらと忙しく感じる。
たぶん、万善寺の不定期な用事が突然に飛び込んでいるからだろう。
お檀家さんの数も少ないし、1年間を均すと、まったく仏事の用事が無いまま一ヶ月を過ごすことも多いのだが、何かの拍子で法事の依頼などが入ると、不思議なほどそういうことがアチコチからやってきて重なってくる。
日の出が遅くなった早朝の、まだ石見銀山の町並みが静かな頃、枕元に置いてある携帯が鳴り始めた。こういう時間に電話が鳴るとあまり良い知らせではない。案の定、お檀家さんからご親族の訃報の知らせだった。
日頃自堕落にノラリと暮らしている私が、ときおり思いついて彫刻のアレコレでドタバタ忙しくし始めると、それを狙っていたように仏事が舞い込んでくる。それはそれで、万善寺を必要としていただいているわけだからありがたいことでもあるし、この10月の旅の空を思うと、六本木やら徳島やら倉敷やら、そんな県外の空の下でいる時に万善寺仏事が重ならなかっただけでもありがたいことだと思っている。

IMG_3291.jpg
IMG_3300.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2484-08e71ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08