工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

オヤジの朝 

2016/11/10
Thu. 09:29

気がつけば、もう11月も3分の1が終わりそうですよ!!
吉田はいったい何をしているのでしょう??

このところ、デスクワークを何処かへ置いて、肉体労働ばかりが続いていて、昨夜も10時前に帰宅して・・・もうグッタリ・・という状態・・
富山町でのイベントが終わって、その事後処理の資材什器運搬や関係各所へのお礼廻りなどをこなしながら、万善寺の幾つかの用事や母親の通院もあるし、保賀地区の祭り準備など、毎日が目まぐるしく始まって終わる。いつものことだが、自分のことが一番後回しになって、ワイフには迷惑をかけっぱなしだ。

1周忌の法事と納骨があるので、夜遅くに帰宅してバリカンを当てようと思ったら充電が切れていて、それで一気にその気が萎えた。施主さんには無苦しい姿を見せてしまったが、なんとなく法事の合間の話題が彫刻やワークショップのことになって、若干救われた。たぶん、伸びた坊主頭に無精髭が偏屈な彫刻家風に見えたのかもしれない。
飯南高原のあたりでは、けっこう「彫刻家の方丈さん」的知名度があったりする。だいたい、「知る人ぞ知る」といったところだ。

幼稚園実習のキーポンを送りがてらワイフが仕事に出かけた。今日は帰宅が19時くらいになるそうだ。一方私は今まで早朝から出かけることが続いていたから、今朝は久しぶりにゆっくりしている。
奥出雲で旅の空を続けている間にLittle Mixへハマってからいまだにそれが続いている。結界君と移動しているときも、彫刻展の作業をしているときも、一日のかなりの時間聴き流すにはちょうどいい。グッピー家族の水を補充し、ネコチャンズのトイレのウンコやシッコを片付け、ストーブに薪を補充し、四畳半を少し片付け、今もLittle Mixをバックにコーヒーをすすりながらキーボードを叩いている。

旧富山小学校教室個展の一人ノリちゃんの個展会場は教室棟の生徒昇降口から教室までの1階を使って展示された。
もう一つある1階の教室は小品彫刻の会場になっていて、これはこれから2日間で撤収搬出する。富山町の収穫祭も兼ねた文化祭が11月20日に決まって、その会場の一部でこの旧富山小学校を使うから、教室の復元も兼ねてノリちゃんの個展会場を若干移動しなければいけない。
まぁ、何時でもそうだが、ひとつの事業を回すのは普通に最低半年は使ってしまうから、幾つかの事業が重なったり万善寺の用事もこなして彫刻も造るとなると、暇なオヤジも暇なりにあわただしい毎日を過ごしていたりするのだ。

富山は終日冷たい雨が降り続いていた。
ノリちゃんから連絡が入って個展会場の件で少しほど具体的に調整できた。彼女も仕事があって忙しいのに、吉田の無茶振りへとてもよく付き合ってくれる。富山がはじめての個展会場になったのだが、それでよかったのだろうか?

57A9593D-88E0-49DE-9BA4-E8F588A57500.jpg
IMG_4482.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2497-166ae2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10