工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

砥部焼の器 

2016/11/17
Thu. 17:37

午前0時30分、石見銀山の自宅を出発して徳島へ向かう。
銀山街道は出雲街道と合流するまで遭遇した車が1台。
三次からやまなみ街道へ乗って尾道まで約2時間。
瀬戸中央自動車道へ入って、水島のI.Cで降りて日本第一熊野神社の一般駐車場へ入ったのが午前4時前。
それから保護材の古い毛布をコンパネの上に重ねて、シュラフに潜り込んでiPhoneのSadeを聴きながら仮眠。
四国の旅のお供にお願いしていた倉敷の森山さんがワンボックスの窓を叩いて起こしてくれたのが早朝5時。空には、まだ十分に大きくて明るいお月さまが輝いていた。
最近また調子の悪くなったG12を取り出してしばしお月さまを撮影。それから瀬戸中央自動車道を渡って高松道を板野で降りて松永邸へ着いたのが朝の7時半。
美味しいコーヒーとトーストの朝食を用意してもらって少し落ち着いてからワイフと私の彫刻をワンボックスへ積み込んだ。

今回の四国の旅でもう一つの計画は、砥部焼の作陶家遠藤さんの器を見ること。
磁器の食器は丈夫だから広く世間へ出回っているものの、自分の周辺はどれもこれも美的センスのカケラもない雑器ばかりで、特に万善寺に残って日常に使っている磁器の味気なさといったら、それだけで食欲が失せる。
日常で使いまわす器など、所詮その時々の決まった用をこなせばそれで十分なことなのだろうが、それでなくても殺伐とした環境で、せめて家族の団欒や希少な来客との食事くらいは心豊かな一時にしたいものだ。
石見銀山の周辺は、質の高い丈夫な陶土の産地でもあって、窯元もアチコチにたくさんあって、日用雑器から作家物まで気に入った陶器を探すに苦労がない。だから、吉田家には陶器だけは溢れかえっている。そのうえ、実は約10年間位吉田自身も粘土や釉薬造りからロクロを回したり窯を焚いたりしていた時期があって、その時に造った器も食器棚でホコリをかぶったまま放置されていたりする。気がつくと過去のボクの力作がネコチャンズの食器になっていたりして、なかなか複雑な心境であったりもする。
まぁ、ようするに色々な過去の痕跡を適当に使いまわして消去して日常の暮らしを更新してそういうことを繰り返しながら毎日の食卓を楽しんでいたりするわけで、今回、ひょんなことで砥部焼の遠藤さんと知り合いになった機会を逃すまいと、いきおい、徳島から松山へ午前中のうちに移動したわけだ。
途中少し迷って、遠藤さんに電話してえんどう窯へ到着したのは11時位だったか・・・
早速自宅のひと部屋を使ったショウルームで器を物色した。
デザインのセンスに磁器土や釉薬の魅力がシッカリと裏付けられていて、観ていて楽しくて飽きない・・・というより、目移りしてなかなか心が定まらないまましばし時が過ぎた。ここでも美味しいコーヒーを頂いて、気持ちを絞って、とにかくスタートはシンプルにしようと決めて5枚の皿にした。お土産にご夫婦それぞれの器も添えてもらった。
帰宅してワイフに見せたらとても気に入ってくれた。
キーポンは「かわいいぃ〜〜!私がもらっとくぅ〜〜!」と大騒ぎだった。
キーポンが使うには50年早いわ!!

IMG_1172_20161117173610303.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2503-57761732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07