工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

徳島の松永勉さんのこと 

2016/11/18
Fri. 17:21

徳島の松永勉さんは金属彫刻のベテランである。
特別興味もないので年齢を知らないままだが、私より少なくても5歳は年上だと思う。
まだ日本のバブルがハジケル前から彫刻を造っていて、公共彫刻が全盛の頃は日本全国からの発注に大忙しだったようだ。その関係もあって、彫刻素材はほとんどステンレスばかり。
今は、当時のあわただしさも落ち着いて、徳島の彫刻家集団を束ねることで忙しくなっているようだ。

私が松永さんとはじめてすれ違ったのはかれこれ20年以上は前のことになるだろう。
その頃すでに徳島の野外彫刻展は立派に地域に根づいた文化活動として認知されていた。島根の当時の実情を事例発表したり、情報交換したりするような彫刻シンポジウムの参加メンバーの一人で徳島へ出向いたときがはじめての出会いになる。
徳島とは、まだ島根の彫刻文化の稚拙さが恥ずかしいと気が付かないほど大きな差があった。

彼の彫刻は出会いの前から知っていたものの、その頃は松永さんの彫刻と松永さん本人がシッカリと繋がらないままで過ぎていた。
たぶん金属彫刻の縁なのだろう、その後も何かしら細く長く彫刻絡みで繋がっていたが、島根県の現代彫刻小品展へ誘うと快く乗ってくれて、それ以来、年々縁が深まっている。
昨年からは、苦節◯◯年!めでたく徳島野外彫刻展へ出品も叶って、今年で2年目になる。これから先、何時出品をクビになるかわからないから、今のうちにセッセと四国通いをしようと心に決めて、先日もワンボックスレンタカーをすっ飛ばしたところだ。

昨年は、彼の制作工房を見せてもらった。
今年は彼のアトリエを見せてもらった。
吉田の鉄工場とはレベルもラベルも全く違って、「彫刻家の制作とはこうあるべきだ!」というお手本のような素敵な空間だ。
仕事場を見ると、その人の性格までわかってしまうようなところがあって、自分への戒めにもなるし、良い勉強になる。

いずれにしても、数十年前に徳島の彫刻家集団に接したことは、当時の自分にとって大きな刺激になったし目標になった。
田舎でコツコツと制作を続ける彫刻家は、周囲からの刺激が乏しいだけに、気が付かないまま自分の嗜好の殻に閉じこもってしまって、造形の基本とか方向性とかそういうものが常に流動する現代社会から取り残されるというより疎外されることになっていたりする。現在の造形や彫刻の流行に迎合したりそれを追いかけたりする必要もないが、一方で、造形の現状を俯瞰出来るくらいの余裕も必要だと思う。自分の制作の立ち位置がおおよそわかっているだけでも、自分にとって必要とか不必要の精査も出来る。
自分の彫刻を楽なポイントに留めておくことは何時でも幾らでも簡単にできる。それよりむしろ、自分の表現の可能性を信じて失敗を恐れないでいられることが難しいことだ。

IMG_1027.jpg
IMG_1141_2016111717360532b.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2505-a5cf4847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08