工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

師でもないのに走ってる 

2016/12/03
Sat. 20:41

師走ですなぁ〜〜・・
「師」と言われるほどのこともない吉田でありますが、11月末からやたらと慌ただしくアチコチ結界くんで走り回っております!

このところの島根は雨模様の天気が続いているわりにそれほど寒いわけでもなく、何か変な感じの毎日が続いていた。こういう時の飯南高原は、ある日突然一気に寒くなって雪が降ったりすることがあるので、暇を見つけてスタッドレスに履き替えた・・・のだが、それから12月に入って今に至るまで雲一つない秋の空が続いている。夏の暑さといい、絶え間ない台風通過といい、どうも今年の天気は予測できない。

広島在住のお檀家さんからの訃報が入ってから結界くん大活躍で、片道1時間半の距離を3回ほど往復した。日のめぐり合わせで友引が入ったものだから葬儀が終わったら次の日がもう初七日になる。
そもそも、「友引」というものは・・・などと講釈を始めたら面倒くさいものになるので割愛するが、易学に端を発する友引は、市井の庶民の大衆信仰として仏教に結びついてしまったようなものだから、仏教の立場でいうと特にそれを仏事に充てて忌み嫌う必要もないものでもある。だからといって、いちいち目くじら立てて坊主の立場を主張するのも大人げないし、地域の事情や喪主さんのお考えもあるから、万善寺の場合はそれに準じたノリでお付き合いさせてもらうことにしている。

そんなわけで、毎日中国山地を南北に行ったり来たり昇ったり降りたりしていると、さすがに軟弱オヤジは疲れが溜まって腰痛が悪化し、たぶん坐骨神経痛だと思うが、それも我慢できないほどの痛さが続くようになって、夜も大の字で寝られないほどになってしまった。ようするに、無理をしたり我慢をしたりしてもなんとかなっていた頃の身体ではなくなってきたということなのだろう。富山のイベントも現場での用事は一段落したし、気持ちを切り替えて温泉にでもつかって2〜3日ゆっくり休養しようと思っていたが、考えが甘かった。

今年の春頃だったろうか?なっちゃんが結婚して入籍して姓が川島に変わって埼玉県人になった。川島家のことはあまりよく知らないが、義父は趣味は違うと思うけど、どこかしら自由なノリを信条としているような空気を感じて、私と比較的近いあたりで暮らしていらっしゃる風に見える。義母は吉田家ワイフに近いノリでどこかしら土壇場で理性を維持して世間の常識を大事に生きていらっしゃる風に見える。現在のところ、そのくらいの付き合いしか無いのでなっちゃんが川島家の嫁としてちゃんと機能しているかは不明だ。
その川島家からお歳暮が届いた。
ハッキリいって、どちらかというと後先が逆転してしまったような気がする。
シマッタ!!やらかしてしまった・・・そろそろ世間は年の暮れのお歳暮の時期になっていた。近日中に結界くんと一緒に境港まで走って紅ズワイガニでも物色しようと思っている。
紅ズワイガニというと、富山での納会「カニ喰う会!!」も近いなぁ〜〜・・・

IMG_0712.jpg

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

日本酒と鉄人いい顔ですねえ

オーイくぼぐっちゃん #- | URL | 2016/12/06 15:27 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2515-dabb2d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07