工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

暴風の夜 

2016/12/22
Thu. 20:20

一晩中大風が吹いていて、なかなか寝付けなかった。
それでなくても立て付けが悪い万善寺の、本堂と庫裏の谷間のような廊下部屋を寺務所にしているが、その部屋が大風で何処かへ吹き飛んでしまわないか心配になるほどだ。
朝になって、明るくなり始める頃から少しずつその風が止んで雨に変わった。
母親は、月に2回のデイサービスの日で、前の日から行きたくないふうで渋ついていたが、私が完全無視を決め込んでいたので、夜が明ける頃には覚悟を決めて長々と時間をかけて外出の準備に取り掛かっていた。
お盆前に切り取ったシキビを庭先の水槽へ投げ込んでいて、それが昨夜の大風で庭まで飛び出していた。
今時の風雨は、肌を突き刺すように冷たいものなのに、今日は気持ちが悪いほどぬる温かい。少しばかりモノを動かすほどで汗ばむ。長袖のシャツを肘まで巻き上げて、雨に濡れながら素足に雪駄履きでウロウロする姿はどこか異常だ。
昼過ぎから土砂降りになって夕方まで収まる気配がない。そのさなかにデイサービスから母親が帰ってきた。
いつもは、一人暮らしの真っ暗な庫裏の玄関でイジイジと時間をかけて履物を脱いだりしているのだろう。あと少ししたら、夕食の仕度をしようと思っているが、日頃の一人暮らしの様子を大きく変えてしまうのも厄介だし、どの程度手をかけるか、そのあたりのさじ加減が難しい。

・・・Don't think twice, it's all right
あの、ボブ・ディランの曲ですね・・・
毎年のように世間が村上春樹さんで盛り上がっているらしいノーベル賞をとっちゃいましたね。ボブ・ディランというと、物心付いた・・というか、反抗期に突入したあたりに、良く聴いていた気がする。島根の田舎の山寺育ちの小坊主に英語なるものは全く無縁だったから、彼の歌う英語の歌詞はまともに聴きとることも出来ないまま、繰り返されるシンプルなメロディーラインが耳について、それだけのことでよく聴いていた時期があった。
それから後は、周囲の影響もあってビートルズとかクイーンとかそのあたりを経由して、ハービー・ハンコックの処女航海あたりから、もうどうでも良くなった感じで手当たり次第に際限なくアレコレ聴き漁る方向へ傾いてしまった。
気に入った曲は、当時の音楽雑誌などから歌詞を探してきて、英語の辞書片手に一晩かかって訳そうと努力したりもしたが、英語の文章というものはそれなりの前後関係でなんとか雰囲気くらいは見えてくるが、英語の詞というものはそういうわけにもいかなくて、簡単なのか難しいのか正しいのか間違いなのかよくわからないまま「とにかく、まぁ、こんな感じなんだろうな」くらいのところで納得していた。
ボブ・ディランは、「Don't think twice, it's all right」のところだけはなんとなく聞き取れた。他にも、ブルース・スプリングスティーンとかギルバート・オサリバンも訳したことがあるし、最近は、チャーリー・プースも少し訳してみた。

冬のはずなのにやたらと生暖かい暴風の万善寺の夜を、ボブ・ディランを聴きながら村上春樹ならぬ群ようこさんを読んで過ごしたのでありました・・・そんな暇無いのにね。

IMG_1282.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2526-f49502a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10