工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

ラップトップ君の1週間 

2016/12/27
Tue. 16:15

しばらくぶりにラップトップ(古い方の・・)を開いたら、しばらく経っても画面が黒いまま!
2016年の年が明けてしばらくして調子が悪くなってから、だましだまし使っていて、そうこうするうちになんとなくいい感じに動きはじめて、「こいつ、なかなか頑張ってくれるじゃないか!」と見直したりして、いい気になって使っていると、またある日突然虹のグルグルがとめどなく回りはじめて機嫌が悪くなる。悪さしているアプリとか、重たそうな書類とかを探って消去や削除を繰り返していると、そのうちなんとなくもとに戻って・・・・といった状態が秋になるまでくりかえし続いていた。
それからあとは、ソコソコいい感じで動いていたから、まだ元気が良かったときのように結界君に積み込んでアチコチ連れ回して酷使していたから、またあの頃の症状が再発してしまったのかと、一瞬焦って、少し諦めて、それでも未練がましく再起動をしてみたりしたのだがピクリとも動かない・・・それが、だいたい1週間くらい前のことで、その後、目先の用事に忙殺されて、鞄に入れたままでほとんど彼の存在を忘れかけていた。
そして彫刻の報告で必要な書類をその鞄へ入れていたので今日になって久しぶりにラップトップ君と再会した次第。どうも諦めきれないし、少し時間があったから、ダメ元で再起動を試してみたがやはり無反応。「やっぱりダメか・・」と諦めて鞄へ入れ直したら、ほの暗い中に微かな明かりが・・・「アレッ??」気のせいかと思って外に出してみると、やっぱり何の変化もない。「もう一度充電をしてみよう!」と決めて、充電器を接続したら、ランプが緑からオレンジに変わった。
それから約30分、コーヒーを飲みながらPTXのクリスマス・アルバムを聴いて過ごしてから、ダメ元で再起動。
「ジャラァ〜〜〜ン!!」見事に動きました、ラップトップ(古い方の・・)君!
「ヒョットして、単純に充電切れだったかも・・・」
なんとなく、そのような気がしないでもないが、ひとまず今のところほぼ前と変わりなく動き始めた。こういうことが頻繁になってから、外付けのハードディスクがセットものになっていて少々不便ではあるが、データが無くなって途方に暮れることは避けられている。もうかれこれ5年位は使っているが、それなりに踏ん張って動いてくれている。

最近の電化製品(パソコンもその部類なのかわからないが・・)は、昔のものに比べると随分虚弱になったと思う。
寺の台所へ設置した30年前のエアコンも、夏前はまだ普通に動いていたが、どう考えても電気効率が悪くて1ヶ月の電気代が馬鹿にならないので、思い切って買い替えた。
30年間、夏も冬もそのエアコンの下で過ごしていた母親のために取り替えたのに、それから後、あのひとは、エアコンの下に居住しなくなった。
どうしてかと聞いてみたら、「リモコンの使い方がわからない」ということと、「夏は涼しくない」ということと、「冬は暖かくない」という理由らしい。
壊れてもいない新品のエアコンも、高齢の母親にとっては不具合の多いダメ電化製品になってしまったようだ。おかげさまで電気代は激減したけどね・・・
石見銀山の吉田家のエアコンは、この20年の間に2機種ほど壊れて入れ替えた。
べつに、あのラップトップ君のように無理やり酷使しているつもりもないんだけど・・・

IMG_4934.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/2528-7bccc35d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06